ホーム > 市政情報 > 広報 > マイタウン・ホットニュース番外編 > 令和3年10月(マイタウン・ホットニュース番外編)

ここから本文です。

更新日:2021年10月11日

令和3年10月(マイタウン・ホットニュース番外編)

自然のおもしろさを感じるきっかけに~たじみの自然展2021~

10月9日と10日の2日間、「自然の楽しさ・おもしろさを発見しよう!」をテーマに「たじみの自然展2021」をバロー文化ホールで開催しました。たじみの自然展は平成3年にスタートし、5年に一度、市内で自然に関する分野で活動している団体が企画し、多治見の自然を紹介しています。

7回目の開催となる今回は、多治見の気象、星、鳥、魚、植物などについてパネルなどを展示し、訪れた市民に展示内容などを説明しました。また、自然講座では、テントウムシの研究をした根本小学校4年生の江﨑心瑚さんの発表をはじめ若い世代による講座を行いました。これからのたじみの自然を担う「若い力」の活躍が期待されます。

観察画コンクールの様子展示の様子

工作の様子自然講座の様子

全国クラブチームサッカー選手権大会出場

10月8日、市内在住の澤野航太さんが「第28回全国クラブチームサッカー選手権大会(10月23日~26日)」に出場することを報告するため市長を訪問しました。
澤野さんは社会人クラブチーム「FCV可児」に所属、ポジションはフォワードです。FCV可児は岐阜県予選(6月27日~7月25日)において優勝し、続く東海予選は中止となったため、抽選会によって全国大会への出場権を得ました。
澤野さんは「目標は優勝です。それだけではなく、楽しむことを意識して臨みたい」と出場への熱意を語りました。
また、同じくFCV可児所属の鈴木将也さん(市内在住)も出場を予定しています。

澤野選手と市長記念撮影

明治安田生命保険相互会社から寄附

10月5日、明治安田生命保険相互会社から寄附を受けました。
同社は2020年度から地域貢献として「地元の元気プロジェクト」を実施しており、地域住民の健康づくり、くらしの充実に向けた取組を行っています。今回の寄付額は469,500円で、市の子育て支援活動に対して寄附がされました。2021年2月頃に続いて2回目の寄附となります。
市長は「市では子育て支援に力を入れております。その中で市役所だけでなく、民間の皆さまともどのように協力して進めていくかということを大切にしています。今回の寄附も大切に活用させていただきます」と感謝の言葉を述べました。

明治安田生命相互会社寄付贈呈

日本ハンドボールリーグ・豊田合成ブルーファルコンホームゲーム開催

10月2日、感謝と挑戦のTYK体育館において日本ハンドボールリーグ男子公式戦が開催されました。豊田合成ブルーファルコンのホームゲームとして琉球コラソンと対戦しました。豊田合成ブルーファルコンは昭和50年創部の歴史あるチームで平成12年に日本ハンドボールリーグに昇格、昨シーズンは日本選手権と日本リーグの2冠を達成している強豪チームです。試合は40対24で豊田合成ブルーファルコンが勝利しました。

会場となった感謝と挑戦のTYK体育館開会のあいさつをする多治見市長

シュートを打つ選手白熱する試合の様子

 

「広報たじみ」は、郵便局やコンビニ、スーパー、医療機関、銀行などの金融機関でもお持ち帰りいただけます。

※撮影時のみ一時的にマスクを外している写真もあります。

お問い合わせ

秘書広報課秘書広報グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1372(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1401・1402・1471・1472

ファクス:0572-24-3679

メール:hisyokoho@city.tajimi.lg.jp