ホーム > 市政情報 > 広報 > マイタウン・ホットニュース番外編 > 令和5年9月(マイタウン・ホットニュース番外編)

ここから本文です。

更新日:2023年10月5日

令和5年9月(マイタウン・ホットニュース番外編)

地域と共に~繋がる池田小の絆~ 池田小学校創立150周年記念式典

9月30日、池田小学校で創立150周年記念式典が開催されました。式典では、卒業後の進学先となる小泉中学校、平和中学校の吹奏楽部による演奏や、池田小学校の歴史についての講話などが行われました。
中島校長は「地域に支えられ、地域とともに学んできた歴史がある。素晴らしい歴史の上に自分たちがいることを忘れずに新しい池田小学校の歴史をつくっていきましょう」と挨拶しました。
市長は「時間と歴史と文化はお金では買えません。150周年という歴史に誇りをもって次の160周年、170周年へスタートしてください」とお祝いの言葉を述べました。池田小学校150周年1池田小学校150周年2

副市長、教育長退任

9月29日、9月30日に退任する佐藤喜好副市長と渡邉哲郎教育長の事務引継式と退任式を行いました。退任式で佐藤副市長は「9年間やってこられたのは、職員が一丸となってやってきたおかげです。これからも新体制のもと、チームワークを大事にしてまちづくりを進めてください」と述べ、渡邉教育長は「ここ10年で教育環境は大きく変わり、新型コロナウイルスの対応など大変なことも多くありましたが、どんな時でもオール多治見で進めることができ、幸せでした」と集まった職員に感謝を述べました。

副市長事務引継ぎ式教育長事務引継ぎ式

佐藤副市長と渡辺教育長

交通安全の呼びかけ ~T&K作戦

9月28日、多治見市と春日井市が連携して交通安全啓発を行う取り組み「T&K作戦」の管内巡視出発式が国道19号線内津簡易パーキングエリアで行われました。
「T&K作戦」は平成30年から実施され、今回で6回目となります。出発式には両市長が出席しました。髙木市長は「活動を通じて安全な交通網を作り上げていきましょう」と呼びかけました。
出発式の後には集まった関係者らで通行中のドライバーに向けてサイン板やのぼり旗で交通安全を呼びかけました。

T&K作戦1T&K作戦2

T&K作戦3

100歳を迎えた方をお祝い

9月19、27日の2日間にわたり令和5年度中に100歳になる方を市長が訪問し、記念品とお祝い金を贈呈しました。今年度100歳を迎える方は32人で大正12年4月1日~大正13年3月31日までに生まれた方が対象です。
市長から記念品を贈呈された加藤重子さんは「毎日が楽しく、周りの皆さんに感謝しながら生活しています。長生きして家族みんな元気で暮らしたいです」と語りました。

100歳のお祝い
 

消防団の災害対応能力向上へ

9月26日、市役所本庁舎玄関前で消防団に新たに配備する車両の配属式を開催しました。配属式では市長から消防団長へ配属書が交付され、消防団長から配備される中央南分団に消防ポンプ自動車が引き渡されました。
市長は「近年では想定外の災害が起こることが多く、消防団への期待や役割は大きいです。今後も地域の安心安全に寄与してください」と述べるとともに、日頃の感謝を伝えました。

消防団と市長

ゴルフ全日本大会出場

9月26日、9月17日~18日に開催された「ジャックバニー・ジュニア ゴルフ ツアー2023」に出場し、35位タイの成績を収めた市内在住の松浦由奈さん(麗澤瑞浪高1年)が市長を訪問しました。松浦さんは、9月28日~29日に開催される「日刊女子アマゴルフ2023第49回全日本シングルプレーヤーズ・ゴルフ選手権」にも出場が決まっており「今回は上位に入れるように頑張りたいです」と意気込みを語りました。市長は「プロゴルファーを目指して頑張ってください」と激励しました。

松原さんと市長

国民体育大会、全国障害者スポーツ大会出場者激励会

9月25日、特別国民体育大会および特別全国障害者スポーツ大会に出場する選手の激励会を開催しました。
激励会では市内在住または在勤の選手29人が集まり、出場に対する抱負を語りました。
市長は「岐阜県および多治見市の代表として自信をもって全国で戦ってきてください。良い結果を待っています」と選手を激励しました。

国民大会激励会

パラアイスホッケー世界選手権出場

9月20日、10月6日~11日にカザフスタン共和国で開催される「パラアイスホッケー世界選手権B-pool・Astana2023」に日本代表選手として出場する、市内在住の鵜飼祥生さん(多治見工業高3年)が市長を訪問しました。鵜飼さんは2022年にスポーツ庁他団体が主催するJ-STARプロジェクトに応募したことから、パラアイスホッケーと出会い、J-STAR5期生として競技を始めました。2023年7月には強化選手に指定され、9月に日本代表選手に選出された鵜飼さんは「はげしいスポーツですが、スピード感が魅力です。点をとれるようにがんばります」と意気込みを語りました。市長は「まずは今回の世界選手権で活躍して、パラリンピックに出場できるようがんばってください」と激励しました。

鵜飼選手と市長

大垣共立銀行から寄付~まちづくりのために~

9月20日、市のにぎわいと活力のあるまちづくりのために、株式会社大垣共立銀行から100万円が寄付されました。今回の寄付は、(一社)多治見市観光協会の「まちづくりリノベーション基金」としてまちづくりのために活用されます。
同行の筧雅樹常務取締役は「中心市街地の活性化など、まちのにぎわいと活力の創出のためにぜひご活用いただきたいです」と寄付への思いを語りました。
観光協会COOの小口英二氏は「感謝とともに責任を感じ、ますます中心市街地の活性化とにぎわいの創出のために努めていこうと決意を新たにしています」と述べました。

大垣共立銀行寄付1大垣共立銀行寄付2

姉妹都市テラホート~交流再開に向けて~

9月14日、インディアナ州立議会下院議員トニア・パフ氏が市長を訪問しました。
パフ氏は多治見市が姉妹都市提携している同州テラホート市からの英語指導助手として1990年から1年間多治見市に滞在しました。
今回の訪問では、新型コロナウイルス感染症の影響で中止していた交流の再開を望むテラホート市長の宣言書と親書が髙木市長に手渡されました。髙木市長は「2024年には中高生の交流事業を再開する予定です。今後も友好な関係を続けていきたいです」と交流再開に向けた意欲を伝えました。
32年ぶりに多治見を訪れたパフ氏は「多治見での滞在は人生で最も素晴らしいことでした」と当時を振り返りました。

トニア・パフ氏1トニア・パフ氏2

第46回全国スポーツ少年団ホッケー交流大会 優勝報告

9月14日、東京都で開催された第46回全国スポーツ少年団ホッケー交流大会で優勝した岡田莉乃さん(根本小6年)が市長を訪問しました。
各務原市で活動する各務原オレンジに所属し、全国女子23チームの頂点に立った岡田さんは「予選リーグでは自分たちのプレーが出来なかったがミーティングを重ね決勝トーナメントではいつものプレーが出来た。ディフェンスとしてチームの失点が少なかったことも良かったです」と大会を振り返りました。 岡田さんは今冬に開催されるU-12ドリームキャンプへ参加選手として選ばれており、来年3月に行われるU-12オールスター戦の出場を目指します。
市長は「自分の強みを発揮してこれからも頑張ってください」と激励の言葉を述べました。

0914ホッケー2

少林寺拳法で世界大会出場

9月11日、「2023年少林寺拳法世界大会in Tokyo,Japan」(10月7日、8日)に出場する多治見青龍道院所属の可児陽さん、可児葵さん、川原悠真さん、吉田彪姫さん、可児敬康さん、砂月恵美さん、吉田有里さん、吉田龍生さん、吉田祈代さんが市長を表敬訪問しました。
9人は岐阜県予選会で各部門優秀な成績を収め、世界大会出場権を得ました。
吉田有里さんは「親子で楽しめるのも少林寺憲法の魅力。世界大会の開催で少林寺憲法全体が盛り上がると嬉しいです」と語り、市長は「体調には十分注意し、多治見の代表として頑張ってください」と激励しました。

少林寺拳法世界大会写真

全国中学校体育大会ソフトテニス結果報告

9月11日、ソフトテニスで令和5年度全国中学校体育大会に出場した林康介さん(陶都中学校3年)が結果報告のため市長を訪問しました。林さんは地域クラブ「LIBERTA」の団体メンバーとして出場しベスト16の成績を収めました。林さんは「2回戦では負けてしまいましたが、全国の強い相手と戦うことができて楽しかったです。高校でもテニスを続け、上を目指したいです」と思いを語りました。

林さんと市長

救命の連鎖~株式会社バローへ感謝状~

9月6日、心肺停止になった同僚に対して適切な応急手当を施し、社会復帰につなげたとして株式会社バローへ消防長から感謝状が手渡されました。
感謝状を受け取った同社業務改善推進部課長の大島さんは「社内で実施したAEDの訓練が役に立った。救急車の到着まで消防の通信指令員の方から指示があったことでスムーズに対応できた」と話しました。
加藤消防長は「救命の連鎖で適切な対応をすることができた。感謝申し上げます」とお礼の言葉を伝えました。

0906感謝状贈呈
 

お問い合わせ

秘書広報課秘書広報グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1372(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1401・1402・1471・1472

ファクス:0572-24-3679