ホーム > 市政情報 > 広報 > マイタウン・ホットニュース番外編 > 令和3(2021)年1月(マイタウン・ホットニュース番外編)

ここから本文です。

更新日:2021年1月15日

令和3(2021)年1月(マイタウン・ホットニュース番外編)

中学生作文コンクール岐阜県で1等受賞

1月15日、第58回中学生作文コンクールで都道府県別賞1等を受賞した陶都中学校3年の石原和果さんが市長を表敬訪問しました。コンクールは(公財)生命保険文化センターが主催し、全国879校から26,018点の応募がありました。市長は「おめでとうございます。将来に向けて今の素直な気持ちを大切にこれからも頑張ってください」とお祝いの言葉を述べました。

石原わかさん市長と談笑

校長と母親も同席記念撮影

JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会優勝

1月15日、フルコンタクト空手の全国大会「第14回JKJO全日本ジュニア空手道選手権大会」の幼年男子の部で優勝した藤原煕乃(ふじはらきない)さん(けいなん保育園年長)が、一緒に空手の練習に励んでいる兄弟と共に市長を表敬訪問しました。
「来年も全国大会で優勝したいです」とこれからの目標を話した藤原さんは、3歳から空手を始め、全国大会では4戦全てにおいて判定勝ちをし優勝しました。
市長は「おめでとうございます。これからも練習を頑張ってください」とお祝いの言葉を述べました。

ポーズをとる藤原さん市長と藤原兄弟

株式会社平成観光から寄贈 最前線で働く人たちへ

1月15日、株式会社平成観光代表取締役社長の東野晶一さんが多治見市への寄附贈呈式に参加するため市長を訪問しました。
寄附されたのはレジ袋の削減のために作成したエコバッグ100枚と寄付金100万円です。
東野さんは目録を手渡し「医療従事者や消防・救命隊員など最前線で働く人たちへ、少しでも助けになれば嬉しい」と寄附への思いを語りました。
市長は「医療、消防、清掃など大変な中で動いてくれている方々の助けになれるよう活用させていただきます」と感謝の言葉を述べました。

東野さん、市長、消防長の3人で記念撮影寄贈されたエコバッグ

株式会社バローと協定~バロー多治見南店を災害時緊急避難場所に~

1月15日、多治見市と株式会社バローは「災害時における施設等の使用に関する協定」を締結しました。この協定により、災害時にバロー多治見南店を指定緊急避難場所及び指定避難所として協力を要請することができます。バロー多治見南店は自立型ガスヒートポンプの導入により停電があった場合でも3日間冷暖房と電気設備を確保できます。市長は「防災の拠点は公共の力だけでなく民間の力が必要です。地域への貢献ありがとうございます」と感謝を述べました。

協定締結式の様子

令和3年多治見市消防出初式

1月10日、新年の初めに消防職員と消防団員の士気を高め、市民と共に災害のない安心安全な一年を祈念するため「消防出初式」を開催しました。新型コロナウイルス感染症対策のため大幅に規模を縮小し、例年行っている分列行進パレードや演習披露、一斉放水は行いませんでした。式典は産業文化センターで行われ、市内の防火・防災に尽くされた市民の皆さんを表彰しました。市長は「令和3年度も消防団のスピリッツに感謝します」と激励しました。

激励する市長表彰を受ける皆さん

令和3年多治見市役所仕事始め式

1月4日、多治見市役所の仕事始め式を新型コロナウイルス感染リスク回避のため参加人数を縮小し行いました。市長は「今年は漢字4文字で『臨機応変』です。市民の幸せのために、刻一刻と変化する状況にしっかり対応し、2021年みんなで力を合わせて難局を乗り越えていきましょう」と訓示しました。

仕事始め式の様子

「広報たじみ」は、郵便局やコンビニ、スーパー、医療機関、銀行などの金融機関でもお持ち帰りいただけます。

お問い合わせ

秘書広報課秘書広報グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1372(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1401・1402・1471・1472

ファクス:0572-24-3679

メール:hisyokoho@city.tajimi.lg.jp