ホーム > 市政情報 > 広報 > マイタウン・ホットニュース番外編 > 令和6年7月(マイタウン・ホットニュース番外編)

ここから本文です。

更新日:2024年7月23日

令和6年7月(マイタウン・ホットニュース番外編)

ソフトテニス優勝報告~人生は70歳からが面白い~

7月22日、多治見市ソフトテニス連盟に所属する大嶋良弥さん、片山あけ美さん、松本孝子さんの3人が大会結果を報告するため市長を訪問しました。大嶋さんは6月に奈良県で開催された第5回全日本ミックスダブルスソフトテニス選手権大会で準優勝の成績を収め、片山さんと松本さんは6月に愛知県で開催された第44回東海レディースソフトテニス大会70歳以上の部にペアを組んで出場し優勝を果たしました。また片山さんは西日本シニアソフトテニス選手権でも優勝を果たしました。3人は毎週火曜、金曜日の週2回練習に取り組んでおり、「普段一緒に練習してくれる人たちのおかげで優勝することが出来ました。同志がいる環境で練習できることが本当にうれしいです」と大会結果とともに仲間への感謝を語りました。

0722ソフトテニス優勝報告

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2024出場

7月22日、U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2024に出場する、鈴木瑛斗さん(根本小6年)、鈴木琉斗さん(根本小6年)、久保雅那さん(根本小6年)、長友宏斗さん(精華小6年)、吉田陽心さん(精華小6年)の5人が市長を訪問しました。5人は可児市を中心に活動するF.C.ENFINIに所属しており、5月に飛騨古川で開催された予選で好成績を収め本選への出場権を得ました。大会は海外からのクラブも参加し、8月20日から千葉県のフクダ電子アリーナで開催されます。5人は大会の組み合わせが決まったことを受けて「スペインのU-12バルセロナと戦うことが楽しみです。1勝でも多く勝ちたいです」と意気込みを語りました。市長は「この大会は人生でも大きな経験になると思います。気持ちを一つにチーム一丸となって頑張ってきてください」とエールを送りました。

0722U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2024

第48回全国高等学校総合文化祭(美術・工芸部門)へ出品

7月22日、第48回全国高等学校総合文化祭(美術・工芸部門)に出品する、多治見工業高等学校陶芸部3年の安井詩朗さんが市長を訪問しました。今回、県代表に選ばれた安井さんの作品「侵食された魚」は、出身地である沖縄県宮古島の海岸が漂着ゴミにより汚染される様子に着想を得たものです。
安井さんは「作品の侵食されている部分や、口の中にいるサンゴやイソギンチャクを見ていただければ嬉しいです」と話しました。
作品は7月31日から8月4日に岐阜県美術館・岐阜県図書館で展示されます。

0722第48回全国高等学校総合文化祭(美術・工芸部門)

全国小学生バトミントン大会出場

7月22日、第40回記念若葉カップ全国小学生バドミントン大会に出場する林瑠香さん(根本小5年)が市長を訪問しました。林さんが所属するバドミントンチーム「STAYGOLD」は5月3日に高山市で開催された岐阜県予選会で優秀な成績を収めて全国大会への出場権を手にしました。全国大会出場に向けて林さんは「一試合でも多く勝てるよう頑張ります」と意気込みを語り、市長は「多治見市の代表としてぜひ頑張ってきてください」と激励しました。

0722小学生バドミントン全国大会出場

アジアジャンプロープ選手権大会 出場

7月22日、ALL JAPAN 2024で優秀な成績を収めたチーム「YELL!!」「スターミライ」「破天荒」が市長を訪問しました。3チームは市内で活動しているダブルダッチスクールクローバーに所属し、「スターミライ」「破天荒」は7月24日~28日に川崎市で開催されるAsian Championship2024(アジアジャンプロープ選手権大会)に日本代表として出場します。
アジア大会に向けて選手たちは「上位を狙って、練習の成果を出し切りたいです」「楽しく全力で演技をしたいです」などそれぞれの意気込みを述べました。
また、ALL JAPAN 2024で総合3位に輝いた「YELL!!」の選手たちは「楽しかったです」と大会を振り返りました。

アジアジャンプロープ選手権大会2024_1アジアジャンプロープ選手権大会2024_2

NHK杯全国高校放送コンテスト 出場

7月19日、第71回NHK杯全国高校放送コンテスト(7月23日~25日)朗読部門に出場する多治見西高等学校放送部3年生の長尾そらさんが市長を表敬訪問しました。
岐阜県大会の朗読部門で2位という優秀な成績を収め、準々決勝へ出場する長尾さんは、「間違えず楽しく朗読することが目標です。自分の力を出し切って笑顔で終わりたいです」と意気込みを述べました。

第71回NHK杯全国放送コンテスト

地域密着型福祉フリーマガジン発刊

7月19日、地域密着型福祉フリーマガジンC-Fan(シーファン)の発刊を報告するため、発行者である株式会社SMC-POWERのみなさんが市長を訪れました。代表取締役の肥田和明さんは「高齢者、子ども、障がい者雇用など福祉に関する人にフォーカスした冊子を作りたいという思いがありました。多くの方に知っていただけるフリーマガジンにしたいです」と語りました。市長は「これからの広がりに期待しています。いろいろな人にフォーカスしていっていただきたいです」と述べました。

0719C-Fan発刊

「ちーオシ」オブジェ制作ワークショップ開催

7月13日から15日の3日間、清流文化地域推し活動「ちーオシ」オブジェ制作ワークショップを開催しました。県内42市町村がそれぞれの推しをモチーフにしたオブジェを制作し、「清流の国ぎふ」文化祭2024の開会式で披露するプロジェクトです。多治見市では「すべては炎からはじっまった」をテーマに、コミュニケーターの木全靖陛氏がデザインした窯を竹と和紙で作りました。制作したオブジェは、駅北庁舎2階多目的スペースに展示されており、「清流の国ぎふ」文化祭2024の開会式で展示される予定です。

0714ちーオシワークショップ10715ちーオシワークショップ2

中部環境先進5市サミットin多治見開催

7月12日、第13回中部環境先進5市サミットがバロー文化ホールで開催されました。このサミットは、「日本の環境首都コンテスト」に参加していた中部地方の5市が連携し平成22年から年1回開催しているもので、構成する5市の頭文字を取って通称「TASKI(タスキ)サミット」と呼ばれています。今年は「循環型社会に向けてのまちづくり~市民とつくる豊かな暮らしを目指して~」をテーマに、基調講演が行われたほか、安城市、新城市、掛川市、飯田市、多治見市の市長による意見交換が行われました。意見交換後、市長たちは「このサミットで他市の取り組みを知れるところに価値がある」「良い同盟関係を築けている」「今後も連携を図っていきたい」などと挨拶し、最後に多治見市長から来年度開催市となる新城市長にたすきが手渡されました。

0712TASKIサミット10712TASKIサミット2

新本庁舎建設基本計画策定に向けた提言書の提出

7月12日、多治見市議会から市に対して新本庁舎建設基本計画策定に向けた提言書が提出されました。市議会では4月に市内8カ所で「市民の声を聴く会」を開催し、集められた意見をもとに市民の求める新本庁舎のあり方を整理、議員間で討議し提言書としてまとめました。市長は「求める庁舎のあり方は世代や性別などによって考え方がそれぞれ異なるので、ベストではなくベターな庁舎の姿を検討していきます。市議会も市役所も市民と市の発展を願う気持ちは一緒です。重く受け止め、しっかりと議論を交わしていきましょう」と語りました。新本庁舎基本計画策定に向けた提言書は今後、議会事務局のホームページで公開されます。

0712新本庁舎基本計画策定に向けた

令和6年度全国高等学校総合体育大会・全国高等学校定時制通信制体育大会出場者激励会

7月11日、令和6年度全国高等学校総合体育大会、全国高等学校定時制通信制体育大会に出場する選手の激励会を開催しました。激励会には市内在住、在学の選手29名が集まり、出場者たちは「感謝の気持ちを忘れずに頑張りたいです」と大会へ向けての意気込みを語りました。市長は「市の代表という思いを持って、試合前は自信を持って、試合中はチャレンジャーの気持ちで気を緩めず戦ってきてください」と選手を激励しました。

令和6年度全国高等学校総合体育大会激励会

OWSオーシャンズカップ2024優勝

7月10日、OWS(オープンウォータースイミング)オーシャンズカップ2024で優勝を果たした寺田尚紘さんが市長を訪問しました。寺田さんは日本水泳連盟主催で6月に千葉県で開催された大会に出場し2.5kmの部で優勝しました。オープンウォータースイミングは主に海や湖などで自然の水域の中で行われる長距離水泳競技です。寺田さんは今回の優勝で9月に開催される日本選手権への出場が決定し、「優勝出来てまずはほっとしました。その後嬉しさがこみあげてきました」と喜びを語りました。

0710OWSオーシャンズカップ2024

空中スイカ試食会

7月10日、老舗料亭松正で「空中スイカ」の試食会が行われました。栽培を行った有志の方や関係者が集まり、収穫したスイカを試食しながら栽培する中での良かった点や反省点を語り合いました。空中スイカは暑いまち多治見のまちおこしを目的に始まった事業です。本町オリベストリート地区では7年前から鉢での空中栽培を始めました。今年は13カ所32鉢の空中スイカが栽培され、通行人や観光客の目を楽しませています。
0711オリベストリート空中スイカ0711空中スイカ試食会

笠原小中学校建設工事起工式

7月8日、笠原小中学校建設工事の着手にあたり安全を祈願する起工式が執り行われました。笠原小中学校は東濃地域では初の小中一貫校となり、教科担任制や小学校と中学校の間の切れ目のない教育が期待されます。市長は「小中一貫教育の準備のスタートが切れました。笠原の子、多治見の子が全国、世界へはばたくためにオール多治見で取り組んでいきましょう」とあいさつしました。工事は今月中旬以降に開始され、令和8年3月の完成を予定しています。

0708笠原小中学校建設工事起工式

第74回社会を明るくする運動

7月7日、第74回「社会を明るくする運動」の内閣総理大臣メッセージの伝達式典と街頭啓発活動が実施されました。式典では齋藤多治見保護区保護司会会長から「多様な背景を持つ人々が、お互いのことを理解しながら、共に支え合うことができるよう、包摂的な地域社会の実現を目指すことが重要です。全ての国民がそれぞれの立場において力を合わせることにより、犯罪や非行のない安全で安心な明るい社会を築いてまいりましょう」という岸田内閣総理大臣のメッセージが読み上げられました。式典後は駅周辺で今年度の啓発物であるバンソウコウを配布して啓発活動を行いました。

第74回社会を明るくする運動第74回社会を明るくする運動2

子どものあそび場オープンの発表

7月5日、株式会社プラティ多治見が、8月12日にプラティ多治見の2階メイン区画に屋内遊戯施設「こどもっちパーク」をオープンすることを発表しました。「こどもっちパーク」は株式会社エフ・ケイ・ソリューションズが全国8店舗を展開している全天候型のあそび場で、人工芝と木の温もりが感じられる遊具やおもちゃで遊ぶことができます。今回の出店にあたり多治見市内外の企業15社から施設で使う遊具等が市に寄贈され、市がパークに無償で貸与します。オープン当日は9時30分からオープニングセレモニーが開催されます。

0705遊具10705遊具2

ファッション甲子園2024出場

7月5日、高校生のためのファッションデザインコンテスト「ファッション甲子園2024」に出場するアンファッションカレッジの中美里さん(2年)、山本佳奈さん(2年)、大石結名さん(2年)、林千寿さん(3年)が市長を訪問しました。中さんと山本さんのチームは「感情」をテーマに全身に喜怒哀楽を表現したデザイン、大石さんと林さんのチームは「PURE」をテーマに初心で挑戦する気持ちを真っ白な衣装としてデザインし、全国の高等学校1,147チーム、1,929点の応募のあった第一次審査を通過しました。山本さんは「デザイン画を作成した中さんの思いを衣装で表現したいです。先輩たちの姿を見て1年生の頃から挑戦してみたかったことなので今回挑戦できるのが本当に嬉しいです」と語りました。4人は現在、ファッションショー形式で開催される最終審査会に向けて、デザイン画をもとに実際に衣装を製作中です。ファッション甲子園2024は8月23日から26日まで青森県弘前市で開催されます。

0705ファッション甲子園出場

お問い合わせ

秘書広報課秘書広報グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1372(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1401・1402・1471・1472

ファクス:0572-24-3679