ホーム > 市政情報 > 広報 > マイタウン・ホットニュース番外編 > 令和6年6月(マイタウン・ホットニュース番外編)

ここから本文です。

更新日:2024年6月20日

令和6年6月(マイタウン・ホットニュース番外編)

ホワイト会 「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰受賞

6月19日、第35回「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受賞したホワイト会の皆さんが市長に受賞の喜びを報告しました。
ホワイト会は脇之島町のホワイトタウン内の公園の美化や保全を行うために平成元年に活動を開始したボランティア団体で、平成19年にも同賞を受賞しています。
平成25年に当会が活動する1カ所の面積としては最大の脇之島中央公園花壇での活動を開始し、令和2年から植栽する花苗を300ポット増やすなど、会員の高齢化が進む中で活動の幅を広げ続けていることが今回の受賞へつながりました。
中村清会長は「和気あいあいとした団体です。きれいだと言っていただけることがうれしいです」と述べました。市長は「2回目の受賞はすごいことだと聞いています。街をきれいに飾っていただき、感謝いたします」とお礼を伝えました。

みどりの愛護功労者2024

「小さな親切」実行章 受章報告

6月19日、公益社団法人「小さな親切」運動本部が贈呈している「小さな親切」実行章を受章した中嶋永一さんとボランティア団体「ヘレボルス多治見」の皆さんが市長を訪問しました。
中嶋さんは平成15年からほぼ毎日、滝呂中央公園を清掃し、平成19年から毎年滝呂里山公園にサクラの苗木を植樹しています。令和3年に創立されたヘレボルス多治見は、脇之島町の市道沿いの緑地を利用し、総延長200メートルにおよぶ花壇を整備しています。中嶋さんとヘレボルス多治見の活動は、地域の皆さんに憩いの場や癒しの場を与え、大変喜ばれています。
ヘレボルス多治見の奥政利代表は「暑い街の冬の名所となるように、冬に咲くクリスマスローズを植え始めました。皆さんに集まってもらえるような場所にして地域の活性化へ繋げたいです」と今後の意気込みを語りました。

小さな親切実行章2024

チアリーディング世界大会結果報告

6月18日、アメリカで開催されたチアリーディングの世界大会「The SUMMIT」への出場結果報告のため、金守笑実さん(小泉中3年)、藤田彩芭さん(多治見中2年)、奥田こころさん(麗澤瑞浪中2年)、山口実乃梨さん(精華小6年)、岡﨑紅葉さん(共栄小6年)が市長を訪問しました。5月に開かれた同大会で、5人が所属する「CHEER+Blue Fires Kronus」はノーミスの演技で予選を6位通過、決勝では11位という成績を収めました。選手たちは、「元気でフレンドリーな国だった」とアメリカの印象を語り、練習では周りの雰囲気に圧倒され本来の力を出せず不安な状態からチームのメンバー全員で励まし合って本番に臨み、満足のいく演技ができた様子を市長に報告しました。市長は「日本を代表して世界の大会に出場できたという経験を生かして、色々な道でチャレンジして行ってください」と述べました。

0618チアリーディング世界大会

災害にそなえる~R6災害対策本部訓練~

6月18日、災害時の初動体制の確認を行うため本庁舎で災害対策本部訓練を実施しました。訓練は、停滞する前線の影響で市内に雨が降り続き、気象庁が大雨警報(土砂災害、浸水害)を発表したという想定で行われました。市長、副市長、部長を含む職員70人が、被害状況などをもとに避難所開設や避難情報の発令を決定、各担当部署に本部で決まった内容を伝達する訓練や、各部署からの情報を集約する訓練に参加しました。
0618災害対策本部訓練10618災害対策本部訓練2

0618災害対策本部訓練40618災害対策本部訓練3

創立100周年を記念して卓球台の贈呈

6月18日、創立100周年を迎えたことを記念して岐阜信用金庫から市へ卓球台3台の寄付があり贈呈式が行われました。岐阜信用金庫の石神常務理事は「地域の皆様に支えられて100周年を迎えることができました。市民の皆様のスポーツ活動の一助になれば嬉しいです」と今回の寄付への思いを述べました。市長は「地域に根差し、経済活動を支えていただいたからこその100周年だと思います。市民の健康、コミュニティの形成などに寄与できるよう活用させていただきます」とお礼の言葉を述べました。
寄付された卓球台は笠原体育館で使用されます。

0618岐阜信用金庫100周年記念寄付贈呈式

地域の医療を支える~市民病院技能実習生入職式~

6月13日、市民病院でミャンマー技能実習生第3期生5人の入職式が開催されました。理事長の山田實紘さんを始めとする病院職員たちが、はるばる遠い国から来てくれたことへの感謝や慣れない国での生活の不安を職員みんなで支える旨の歓迎の挨拶をしました。また、入職2年目となる第1期生のエイ テッ モンさんからも「日本へようこそ。仲間が増えてとても嬉しいです。一緒に頑張りましょう」と歓迎の言葉を受け、第3期生たちは「一生懸命頑張ります」と意気込みを語りました。技能実習生たちは現在、市民病院で看護助手として患者さんを介助する現場で活躍し、高い評価を受けています。第3期生の入職で市民病院のミャンマーからの技能実習生は15人になります。

0613ミャンマー技能実習生入職式

交通事故死ゼロ~警察本部長感謝状贈呈式~

6月10日、令和5年6月6日から令和6年6月5日の1年間、多治見市内での交通死亡事故が0件であったことに対し、警察本部長から多治見市に感謝状が贈呈されました。岐阜県警察本部交通部長の桂川勝広さんが「死亡事故ゼロの達成にご尽力、ご協力いただきありがとうございました。市民の車の保有率が高いこの地域で1年間死亡事故ゼロは本当にすごいことです」と述べ、市長は「市民一人一人が交通安全に心がけた結果だと思います。交通安全協会や自主的に活動してくださっている地元のボランティアの方々に感謝を申し上げます。警察とも連携し、交通死亡事故ゼロを2年、3年と続けていきたいです」と語りました。

0610交通事故死者抑止表彰

河川の増水に備えて~水防訓練実施~

6月9日、水防体制の万全を期すとともに水防関係機関の連携を図り、士気を高めるため水防訓練を実施しました。出水期にあたり毎年実施しており、今年は国土交通省多治見砂防国道事務所をはじめ国土交通省庄内川河川事務所、市消防団、建設工業会、市職員など約200人が参加しました。
水防工法訓練では会場の4カ所で土のうを作成し、積み土のう工法や改良積み土のう工法を用いた積み上げが行われました。防災ヘリコプターによる救助訓練で救助された新入職員の安藤由貴さんは「救助隊の方が優しく声をかけてくれたおかげで高所の怖さを感じませんでした。災害時は市民の皆さんに安心してもらえるようなお声がけをしていきたいです」と感想を述べました。

水防訓練1水防訓練2

水防訓練3水防訓練4

たじみ健康マイレージ~アプリで健康に~

6月1日、バローグループとの連携により「たじみ健康マイレージ」のアプリが完成したことを記念してキックオフイベントが開催されました。
健康マイレージがこれまでの紙媒体での参加に加え、歩くことでポイントが貯まるアプリからも参加できるようになりました。参加し、健康づくりに取り組むと、抽選で素敵な景品が当たります。
開会式で市長は「市民の皆さまと一緒に楽しみながら健康づくりできると嬉しいです」と挨拶しました。
イベントにはベジチェックや熱中症対策などのコーナーが設けられたほか、ウォークラリー参加者を対象にした抽選会が行われました。

健康マイレージ健康マイレージ1

永見夏子とモザイク展 ~ラスカルと幸せのかけら~

6月1日から多治見市モザイクタイルミュージアムで「永見夏子とモザイク展」が始まりました。永見さんは日本アニメーション株式会社に所属するイラストレーターで「あらいぐまラスカル」を中心にデザインを手がけます。今回、テレビアニメ「やくならマグカップも」の縁から展覧会が決定しました。展覧会は前期と後期に分かれており、6月30日までの前期では「ラスカルと幸せのかけら」をテーマにあらいぐまラスカルのイラストとタイルを掛け合わせた作品が約60点並びます。後期は7月2日から9月1日まで「モザイクアーティストとの共鳴」をテーマとして展示が行われます。永見さんは「今年の初めに来館したことでラスカルの雰囲気とモザイクタイルの雰囲気を合わせた作品のアイデアが湧いてきました。たくさんの人に見ていただきたいです」と語りました。

0531永見夏子とモザイク展20531永見夏子とモザイク展1

 

お問い合わせ

秘書広報課秘書広報グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1372(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1401・1402・1471・1472

ファクス:0572-24-3679