ホーム > 市政情報 > 広報 > マイタウン・ホットニュース番外編 > 令和2(2020)年10月(マイタウン・ホットニュース番外編)

ここから本文です。

更新日:2020年10月6日

令和2(2020)年10月(マイタウン・ホットニュース番外編)

ビジネスマッチング 企業お見合い

10月23日、産業文化センターで「第14回多治見ビジネスマッチング『企業お見合い』」を開催しました。
参加企業が事前にお互いのニーズを把握したうえで商談会を行えることが特徴の企業お見合いには、市内外146事業所が参加し、商談数は286件となりました。
また今回はオンラインでの商談も実施し、東京と多治見を繋ぎ商談を行いました。

企業お見合い会場の様子企業お見合い市長あいさつ

企業お見合いオンライン商談商談の様子

シェ・シバタ&多治見市コラボクッキー缶登場

10月23日、シェ・シバタと多治見市がコラボレーションしたクッキー缶がお披露目されました。
市制80周年を記念して、市の観光大使である柴田武氏の協力で実現したクッキー缶は、ユニークな外観で人気のモザイクタイルミュージアムのデザインを使用しています。
デザインは2種類で、制作個数は各3,000個です。発売日は10月25日です。
コラボクッキー缶はシェ・シバタ多治見本店、多治見市PRセンター、多治見駅観光案内所、モザイクタイルミュージアムの4カ所で販売されます。

コラボクッキー缶と柴田氏コラボクッキー缶

雨でも安心 テントの下で大道芸

10月17日、18日の2日間、多治見駅周辺で「多治見大道芸フェスティバル2020」が開催されました。
虎渓用水広場、多治見駅南北自由通路、駅南広場の3か所で選りすぐりの大道芸人11組が出演しました。
虎渓用水広場には今回初のお披露目となる大型テント「エアロシェルター」が登場しました。このエアロシェルターは臨時の避難所などにも活用ができます。
雨となった初日、出演者たちは問題なく芸を披露し観客を楽しませました。

エアロシェルター大道芸人くす田さん

「小泉村役場跡」石碑設置に伴う寄付金贈呈

10月6日、23区より小泉公園に設置する「小泉村役場跡」石碑の設置費用の一部として、18万円の寄付を受けました。23区の木股区長は「小泉村役場があり、まちの中心地であったという歴史を後世に残したい」と寄付への思いを語りました。
市長は「地域の歴史を後世に残していくことを大切にしていきます」と感謝の意を伝えました。
石碑の除幕式は、小泉村が多治見市に編入された77回目の記念日である令和3年2月11日に行われます。

寄付金贈呈の様子

多治見警察署と高齢者の見守りについて協定を締結

10月6日、多治見市と多治見警察署は「多治見市認知症高齢者等みまもりシール交付事業の実施に関する協定」を締結しました。この協定は、認知症高齢者などを地域社会全体で見守るための協力体制を整備し、安全確保とその家族の支援を図ることを目的としています。
市長は「警察のネットワークと連携することで、これまで以上に安心して暮らすことのできる社会の実現を目指します」と話しました。

協定にサインする市長と警察署長協定を締結する様子

~参考「認知症高齢者等みまもりシールとは」~
認知症高齢者等の衣類等にQRコードを記載したラベルシール(みまもりシール)を貼り付け、行方不明の際に発見者がスマートフォンなどでQRコードを読み取ることで、その家族に通知される仕組みです。認知症高齢者などの早期の発見と保護を図ります。
登録者の普及が望まれ、また、より多くの方に制度を知っていただき地域に「見守りの目」が増えることを期待しています。

 

「広報たじみ」は、郵便局やコンビニ、スーパー、医療機関、銀行などの金融機関でもお持ち帰りいただけます。

お問い合わせ

秘書広報課秘書広報グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1372(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1401・1402・1471・1472

ファクス:0572-24-3679

メール:hisyokoho@city.tajimi.lg.jp