ホーム > 暮らし > 戸籍・住民票・旅券 > マイナンバーカード(個人番号カード)

ここから本文です。

更新日:2018年6月24日

マイナンバーカード(個人番号カード)

社会保障・税番号制度(通称「マイナンバー制度」)の導入により、平成27年10月から住民票に記載のある方に個人番号(マイナンバー)が指定され、地方公共団体情報システム機構(総務省の関係団体)から「通知カード」が全住民に郵送されました。

マイナンバーカード(個人番号カード)の概要

プラスチック製のICチップが付いたカードで、希望される方にのみ交付されるカードです。カードの表面には顔写真、基本4情報(氏名・住所・生年月日・性別)及び有効期限が記載され、裏面には個人番号、氏名、生年月日が記載されます。個人番号カードは公的な身分証明書として利用できるほか、公的個人認証(署名用電子証明書・利用者証明用電子証明書)の機能が標準装備されます。

個人番号カード表面個人番号カード裏面

公的個人認証

  • 署名用電子証明書:e-tax等の電子申告の際の電子署名をすることができます。
  • 利用者用電子証明書:平成29年1月に開設されたマイナポータル(個人番号の利用状況が確認できるサイト)の利用や、コンビニ交付(現在、多治見市では実施しておりません)での利用が可能となる証明書です。

個人認証の有効期限は発行の日から5回目の誕生日までです。なお、署名用電子証明書は引越・婚姻等により住所、氏名が変わった場合は失効します。

手数料

初回交付手数料は無料

(紛失等によるカードの再交付手数料は800円です。公的個人認証を付加する場合は、さらに200円必要です。)

有効期間

20歳以上の場合:発行の日から10回目の誕生日まで

20歳未満の場合:発行の日から5回目の誕生日まで

申請方法

申請に必要なもの

  • 交付申請書

「通知カード」と一緒に同封されていた「個人番号カード交付申請書」に必要事項を記入してください。なお、住所変更をされた方は新しい申請書を発行しますので市民課へお問い合わせください。

  • 写真1枚

写真は申請前6ケ月以内に撮影したもの。無帽、正面、無背景で肩口まで写っている顔写真。縦4.5センチ、横3.5センチでふちなしのもの。サングラス等で顔の確認がしにくいものは不可。

申請方法

  • 郵送による申請:申請書に写真を貼付し必要事項を記入の上、同封されていた返送用封筒に入れ郵便ポストに投函。
  • スマートフォンもしくはパソコンによる申請:申請用WEBサイトにアクセスし、必要事項の入力および顔写真データを添付して送信。
  • まちなかの証明写真機からの申請:画面の案内にしたがって、交付申請書のQRコードをかざし、必要事項の入力と顔写真の撮影をして送信。

詳しくはマイナンバーカード総合サイト(外部サイトへリンク)をご覧ください

申請先は地方公共団体情報システム機構となります。

受取方法

マイナンバーカード(個人番号カード)は、平成28年1月以降順次交付されます。地方公共団体情報システム機構で作成されたカードが多治見市へ届き次第(申請後概ね1か月程度)、「個人番号カード交付通知書兼照会書」を送付します。

「交付通知書」が届き次第、受取日を電話予約のうえ、市民課窓口(駅北庁舎1階窓口)までお越しください

カードの受取は申請者ご本人に限ります。

「交付通知書」がお手元に届いているものの、お受け取りがまだの方は、お早めにお受け取り願います。

受取窓口

駅北庁舎市民課(多治見市音羽町1丁目233番地)

  • 各地区事務所では受け取れません。

受取時間

平日(祝日、国民の休日、年末年始を除く):午前9時から午後4時30分まで

休日開庁日(毎月最終日曜日、4月のみ第1日曜日):午前9時から午後4時まで

持参するもの

  • 個人番号カード交付通知書兼照会書(裏面に署名、押印したもの)
  • 本人確認書類

1点でよいもの:写真付きの住民基本台帳カード、運転免許証、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、身体障害者手帳など

2点必要なもの:健康保険証、年金手帳、介護保険証、社員証、学生証、医療受給者証など

  • 通知カード
  • 住民基本台帳カード(保有している場合のみ)

暗証番号

カード交付時に暗証番号を設定していただきますので、事前に準備をお願いします。

  1. カード用暗証番号:4ケタの数字
  2. 券面事項入力補助用暗証番号:4ケタの数字
  3. 署名用電子証明書暗証番号:6ケタから16ケタの英数字
  4. 利用者用電子証明書暗証番号:4ケタの数字

1、2、4の暗証番号は同じものを設定いただいても構いません。

マイナンバーカード(個人番号カード)の継続利用

市外へ転出される場合のマイナンバーカード(個人番号カード)の継続利用

  • マイナンバーカード(個人番号カード)の継続利用を希望される場合は、転出届の際に窓口でその旨をお伝えください。
  • 転出届を郵送でされる場合には、「マイナンバーカード(個人番号カード)の交付を受けており、継続利用を希望する旨」と、「昼間に連絡のとれる電話番号」を必ず記入してください。
  • マイナンバーカード(個人番号カード)をお持ちの方が転出、または、転出者の中に含まれている場合は原則として、「転出証明書」が省略されます。個人番号カードが転出証明書代わりとなりますので、転入地では必ずマイナンバーカード(個人番号カード)をご持参の上、転入届をしてください。

マイナンバーカード(個人番号カード)を使用しての転入届(転入の特例)

  • 転出地でマイナンバーカード(個人番号カード)の継続利用を希望する旨の転出届を提出した方が、転入地で転入届をする際にはマイナンバーカード(個人番号カード)の持参が必要になります。持参していない場合には転入手続きができませんのでご注意ください。
  • 転入時に市区町村窓口に持参できなかったマイナンバーカード(個人番号カード)(例:本人以外の家族のカード等)は転入届後、90日以内に継続利用手続きをお願いします。この期間を経過してしまうと継続利用ができなくなります。
  • 手続きの際に、暗証番号(4ケタの数字)の入力が必要になります。
  • カードの名義人以外(例:本人以外の同一世帯の家族)の方が転入の手続きをされる場合には、事前にカードの名義人に暗証番号を確認してからお越しください。

カードの継続利用ができる期間

  • 転出予定日から30日以内、および転入先に転入してから90日以内にマイナンバーカード(個人番号カード)の継続利用の手続きが必要です。この期間を経過してしまうと継続利用ができなくなります。

その他の注意点

  • 全ての手続きをするにあたり、有効期間内のマイナンバーカード(個人番号カード)のみ申請が可能です。
  • 継続利用を含んだ転入手続きの際にカードの表面に新住所等を記載します。
  • 特例の転入・転出の手続きは、駅北庁舎のみで行っており、各事務所ではできませんのでご了承ください。
  • 日曜開庁時の特例転入・転出手続きは行っておりません。ご了承ください。

よくある質問

マイナンバーカード(個人番号カード)に関するQAの掲載をしています。

QA(PDF:124KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

市民課住基グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5542(直通)または0572-22-1111(代表)

ファクス:0572-24-2290

メール:simin@city.tajimi.lg.jp