ホーム > 暮らし > 防災・防犯・安全 > 防災 > 緊急時業務対応計画(BCP)

ここから本文です。

更新日:2018年4月5日

緊急時業務対応計画(BCP)

緊急時業務対応計画とは、一般的に緊急時業務継続計画(BCP:BusinessContinuityPlan)と呼ばれるもので、災害発生時に市民の生命・生活および財産を保護し、社会経済活動を維持するために、優先して行う業務を進めていくうえで、必要な資源の準備や対応方針・手段を定めて、復旧を早めるための計画です。

多治見市の緊急時業務対応計画

多治見市では、平成24年度に本計画を策定しました。その後、庁舎設備の変化(駅北庁舎の建設)、機構改革による組織の変化等を反映させるため、平成29年度に計画の改訂を行いました。

計画の概要(平成29年度改訂版)

本編 多治見市緊急時業務対応計画(PDF:1,000KB)

第1章 緊急時業務対応計画の策定の目的(P2~)

第2章 業務継続体制の検討(P5~)

第3章 人財・資源の確保計画(P9~)

第4章 執務環境確保計画(P14~)

第5章 指揮命令系統(P20~)

第6章 非常時優先業務の実施について(P22~)

第7章 業務継続体制の向上(P25~)

別冊 《資料》非常時優先業務一覧表(PDF:863KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画防災課防災グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1378(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1414

ファクス:0572-24-0621

メール:kikaku@city.tajimi.lg.jp