ホーム > 暮らし > 防災・防犯・安全・消防 > 防災 > ハザードマップ(土砂災害・洪水)

ここから本文です。

更新日:2021年7月19日

ハザードマップ(土砂災害・洪水)

土砂災害(特別)警戒区域は、土砂災害が発生するおそれがある区域として、地形等が一定の基準を超える場所を指定したものです。浸水想定区域は、洪水で河川が氾濫した場合にどのように浸水するかについて、その浸水の区域を浸水の深さごとに色分けして地図上に示した図です。

※国及び県管理河川以外の河川氾濫、想定を超える降雨及び内水による氾濫は考慮していません。

このため、指定していないところ(基準を満たさない場所)が必ずしも「土砂災害や浸水の心配のない場所」というものではありません。

土砂災害・洪水ハザードマップ(全域版・13校区版)

多治見市全域版と13小学校区別に作製したハザードマップを公表します。自分の住んでいる地域にはどのような危険があるのか、市が指定している避難所はどこなのか等、家族や地域の方とあらかじめ確認し、いざという時に備えましょう。

上記のハザードマップは、令和3年3月時点の情報を掲載したものです最新の情報ではありませんのでご注意ください。最新の浸水想定区域を確認したい場合は下記のページをご覧ください(郵便番号や住所で検索すると、最新の浸水想定区域や土砂災害警戒区域が地図上に表示されます)。

ぎふ山と川の危険個所マップ(外部サイトへリンク)

また、上記のマップは計画規模による降雨(L1)による浸水想定区域を示したマップです。想定最大規模による降雨(L2)による浸水想定区域を示したマップについては、国土交通省庄内川河川事務所と岐阜県のサイトをご覧ください。

浸水実績図

平成23年9月の台風15号による土岐川周辺の浸水被害の実績を示したものです。防災倉庫(PDF:86KB)(新しいウィンドウが開きます。)や避難場所の位置、土砂災害の危険箇所、土岐川の浸水想定区域なども確認できます。

庄内川洪水浸水想定区域図

国土交通省中部地方整備局庄内川河川事務所が公表している、想定し得る最大規模の降雨により発生する洪水によって、浸水が想定される区域と浸水の深さと浸水の継続時間です。

庄内川洪水浸水想定区域図(外部サイトへリンク)

区域図における降雨の考え方

計画規模降雨

庄内川水系河川整備基本方針における目標流量(基本高水流量)を算定した際(305mm/24時間)の降雨を想定。

想定最大規模降雨

庄内川流域で想定し得る最大規模(637mm/24時間)の降雨を想定。

 

作成元:国土交通省中部地方整備局庄内川河川事務所

指定年月日:平成28年12月15日

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画防災課防災グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1378(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1414・1417

ファクス:0572-24-0621

メール:kikaku@city.tajimi.lg.jp