ホーム > 暮らし > 防災・防犯・安全 > 防災 > 避難所開設・運営の手引き

ここから本文です。

更新日:2018年12月13日

避難所開設・運営の手引き

「多治見市避難所開設・運営の手引き」を作成しました。

大規模な災害が起きて、自宅が倒壊またはライフラインの途絶などにより、自宅での生活が困難な方が出た場合、多治見市は「指定避難所」を開設します。指定避難所の運営は、避難者による自主運営が原則です。多治見市では、地域住民のみなさんが自主的な避難所運営ができるよう、「多治見市避難所開設・運営の手引き」を作成しました。

避難所解説・運営の手引き(PDF:4,900KB)

資料・様式編(ワード:7,807KB)

手引きの活用について

避難所の開設は、市から避難所へ派遣される市職員と避難所の施設管理者が主体となって行いますが、災害の状況によっては、市職員や施設管理者がすぐに開設に駆けつけることができない場合もあります。こういった場合に、地域住民の皆さんが自主的に避難所開設・運営が行えるよう、災害時の対応及び事前準備等の基本的な内容を、まとめました。本手引きを参考に、地域住民の皆さんで地域の特性にあった内容の避難所マニュアルを作成していただいたり、地域での防災訓練の中で避難所運営訓練を行っていただくときなどにご活用ください。

手引きの構成

 

1はじめに  

2事前対策

避難所の運営にあたり、あらかじめ知っておくべき基本的事項などを記載しています。

3避難所運営の基本方針

避難所運営の6つの基本方針を記載しています。
4要配慮者への配慮事項等 避難所生活の中で特に配慮を必要とする方に対して必要な配慮事項をチェックリスト形式で掲載しています。
5避難所開設 避難所の開設、運営までの流れを掲載しています。
6避難所活動班の業務 避難者を中心とした避難所運営組織の組織のあり方や活動内容を掲載しています。
7長期化への対応 避難所運営が長期化した場合の対応や避難所の統廃合について掲載しています。
8避難所の閉鎖 避難所の閉鎖に向けての準備、閉鎖について掲載しています。
9資料・様式編 避難所運営に関わる各種様式を掲載しています。
10用語解説  

 

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画防災課防災グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1378(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1414

ファクス:0572-24-0621

メール:kikaku@city.tajimi.lg.jp