ホーム > 暮らし > 住宅施策 > マイホーム借上げ制度

ここから本文です。

更新日:2021年3月20日

マイホーム借上げ制度

多治見市では、シニア世帯と子育て世帯などの住み替え支援や空き家の有効活用などを目的として「マイホーム借上げ制度」の普及に取り組んでいます。

「マイホーム借上げ制度」とは、50歳以上の世帯のかたがお持ちのマイホームを、子育て世帯などに転貸することを目的とした※一般社団法人「移住・住みかえ支援機構(JTI)」が実施する制度です。

この制度では、50歳以上の世帯のかたがお持ちのマイホームを売却することなく貸し手となることで賃料収入を得ることができ、借り手となる若い世代は相場よりも安い家賃で物件を借りることができます。

※一般社団法人「移住・住みかえ支援機構(JTI)」とは、国土交通省が管轄する財団法人高齢者住宅財団の住替支援制度の実施・運営にあたっている非営利団体です。

詳細は下記のリンク先ページをご参照ください。

一般社団法人 移住・住みかえ支援機構(外部サイトへリンク)

借り上げ制度

「マイホーム借上げ制度」イメージ図(JTIホームページより転載)

マイホーム借上げ制度の利用条件

  • 日本に居住する50歳以上の方又は海外に居住する50歳以上の日本人
  • 土地や建物に抵当権などが設定されていないこと
  • 住宅の建物診断(劣化・耐震診断)を利用者の負担で受けること(ただし、昭和56年6月1日以降の建物(現在の耐震基準を満たす建物)については、増改築などがない限り、原則として耐震診断は不要です。)

マイホーム借上げ制度の特徴

マイホームを貸す側のメリット

  • 最長で終身借り上げが可能なので、長期かつ安定した家賃収入が期待できます。
  • 賃貸の契約期間は3年単位なので、再びマイホームに戻ることも可能です。
  • 1人目の入居者が決定してからは、入居者が退去し空き家になっても家賃収入が保証されます。

マイホームを借りる側のメリット

  • 良質な住宅を、相場より安い家賃で借りられます。
  • 敷金や礼金が必要ありません。
  • 壁紙など一定の改修が可能です。

「マイホーム借上げ制度」利用のご相談

制度の詳細については、都市政策課に配置してあるパンフレットまたは「一般社団法人 移住・住みかえ支援機構」のホームページをご覧ください。

制度のお問い合わせ

移住・住みかえ支援機構 コールセンター

電話番号:03-5211-0757 平日午前9時から午後5時(土日及び祝日を除く)

電子メール sumikae@jt-i.jp

 

お問い合わせ

都市政策課都市政策グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1321(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1392,1393

ファクス:0572-25-6436

メール:tosisei@city.tajimi.lg.jp