ここから本文です。

更新日:2019年4月10日

地籍調査とは

土地における地籍の明確化を図る目的をもって、毎筆の土地について、その所有者、地番、地目を調査するとともに、境界の測量、面積の測定を行い、地図地籍図及び薄冊(地籍簿)を作成する調査です。

地籍図

一筆ごとの土地の境界及び地番等を記載した地図です。国家基準点を基礎として、近代的な測量手法により作成されます。縮尺は、一筆地の面積や土地利用の状況に基づいて、1/250~1/5,000までの縮尺で作成したものです。

地籍簿

一筆ごとの土地について、所在・地番・地目・地積及び所有者の住所・氏名等の調査結果を記入したものです。

地籍調査の利点

  1. 現地と合った正確な地図ができ、正確な土地利用の状況が登記簿に反映されることから、世代や所有者がかわっても安心です。
  2. 万一、災害等により現地での土地の境界が確認できない場合でも、地籍調査の測量結果から復元することができます。
  3. 土地に対する課税等の公平化が図られます。
  4. 各種公共事業の計画や施行に要する測量経費及び手間が軽減されます。(皆さんにお願いする現地立会い等の手間も軽減されます。)

お問い合わせ

開発指導課地籍グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1341(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1396・1397

ファクス:0572-25-6436

メール:sidou@city.tajimi.lg.jp