ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > 家庭から出たごみの収集

ここから本文です。

更新日:2019年2月20日

家庭から出たごみの収集

ごみの収集日

  • 収集日は品目と地域で異なります。必ず、資源とごみの収集カレンダーで確認してください。
  • 資源とごみの収集カレンダー
  • ステーションには、収集日の朝8時30分までに出してください。8時30分より収集を開始しますので、その後に出されたものは収集ができない場合があります。
  • 交通の障害、小動物による荒らしの防止のため、前日からごみを出すのはおやめください。
  • 原則として祝日・振替休日は、収集を行いません。ただし、資源とごみの収集カレンダーに記載されている特別収集日に限り、収集を行います。

ごみの出し方

ごみを出す場合は分別が必要です。

種類

収集日

出す場所

出し方

燃やすごみ

原則週2回

ごみステーション

指定のごみ袋・粗大ごみシールをご利用ください。

破砕ごみ

月1回

資源

紙・金属・布類

月1回

リサイクルステーション

リサイクルステーションに設置されるサンテナ及びエコバッグなどに直接出します。

ビン・ペット・発泡類

月1回

陶磁器食器・てんぷら油

3ヶ月に1回

有害ごみ

3ヶ月に1回

ごみステーションに出す場合(燃やすごみ・破砕ごみ)

市指定のごみ袋に入れられた物、または粗大ごみシールの張られた物で、重さ50kg以下、一番長い箇所(対角線など)が1m以下のものを収集します。

  • ごみ袋は、袋の口が縛ってあって、中がはみ出ていないものを収集します。袋から飛び出したり、両側から袋がかぶせてあったり、袋が貼り付けてあるだけのものは収集しません。

ごみ袋の使い方の説明の絵

  • 袋に入らないものは、重さ50kg以下、一番長い箇所(対角線など)が1m以下であれば、粗大ごみシールを貼ってごみステーションに出すことができます。

リサイクルステーションに出す場合(資源・有害ごみ)

  • リサイクルステーションにおいてある各品目の表示板のかかった容器(サンテナ・エコバッグ)に資源を入れてください。
  • ステーションの当番の方は「リサイクルステーションの運用(PDF:665KB)」をご覧ください。
  • 分け方については「ごみの分別」をご覧ください。
  • リサイクルステーションは各町内会で管理していますので、お住まいの町内会に確認してください。

収集できないもの

  • ステーションで収集できないごみについては「ごみの分別」を確認してください。

一般廃棄物収集運搬許可業者

  • ごみが大きい・重い・多い等、ステーションへの移動やセンターへ持ち込むことが出来ない場合、一般廃棄物収集運搬許可業者に収集を依頼(有料)することが可能です。
  • 一般廃棄物収集運搬許可業者一覧

ごみ・リサイクルステーション

ごみ・リサイクルステーション設備・改修の補助 

注:ステーションの構造等によっては、固定資産税の課税対象となる場合がありますので、詳細は税務課へお問い合わせください

リサイクルステーションの運用

  • 前日に、各ステーションに資源用容器(エコバッグ・サンテナ)を配布します。

st-c

  • サンテナの中に品目ごとの表示板が入っていますので、当番の方は、番号順にセットしてください。
  • キャップ付ビン、穴の開いていないスプレー缶など、不適切なものも見受けられますので、当番の方で気がついたら、処理(キャップは持ち帰り燃やすごみとして出す、穴の開いてないスプレー缶は工具箱の道具で穴を開ける等)をお願いします。
  • 当番の時間が終了したら、品目ごとの表示板をまとめて袋に入れ、空のサンテナの間に入れてください。
  • エコバッグのふたを閉めてください。

ごみとのつきあい方該当ページ(PDF:665KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境課廃棄物対策グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1580(直通)または0572-22-1111(代表)

ファクス:0572-22-1186

メール:kankyo@city.tajimi.lg.jp

三の倉センター

電話:0572-23-1103

ファクス:0572-25-4010

メール:sannnokura-cen@city.tajimi.lg.jp