ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > 新型コロナウイルスなどの感染症対策としてのごみ・資源の出し方

ここから本文です。

更新日:2022年1月25日

新型コロナウイルスなどの感染症対策としてのごみ・資源の出し方

新型コロナウィルス感染症に感染した方へのお願い

新型コロナウイルスなどの感染症に感染した方やその疑いのある方は、家庭ごみの排出にご配慮願います。

燃やすごみの出し方

ごみの収集時の飛散防止のため、次の対応にご協力願います。

  • マスクやティッシュなどは、内袋に入れて二重にする。
  • 指定ごみ袋の中身を詰めすぎず、余裕を持たせる。
  • 指定ごみ袋の空気を抜いてしっかりしばる。

燃やす以外の出し方

付着したウィルスは24時間から72時間ほど感染力を持つといわれています。感染予防のため、ご家庭で1週間ほど保管した後に排出してください。

その他

お問い合わせ

環境課廃棄物対策グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1580(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1117

ファクス:0572-22-1186

メール:kankyo@city.tajimi.lg.jp