ホーム > 暮らし > 上下水道 > 下水道 > 多治見市汚水処理施設整備構想

ここから本文です。

更新日:2018年4月6日

多治見市汚水処理施設整備構想

多治見市汚水処理施設整備構想

 岐阜県では、平成26年1月30日に3省(国土交通省、農林水産省、環境省)連名による「持続的な汚水処理システム構築に向けた都道府県構想の見直しについて」の通知に基づき、各種汚水処理施設の効率的な整備を進め、汚水処理施設未普及地域の早期解消、効率的な改築・更新などを構築するため、岐阜県汚水処理施設整備構想(以下、「岐阜県構想」という)を策定することとしています。

 各種汚水処理施設の整備において、市町村が担う役割が大きく、岐阜県構想の前提となる市町村の汚水処理施設整備構想の策定が求められていることから、多治見市では「多治見市汚水処理施設整備構想」を策定しております。

多治見市汚水処理施設整備構想(PDF:1,477KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

工事課第2グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1216(内線1253)

内線:1252・1253

メール:kouji@city.tajimi.lg.jp