ホーム > 暮らし > 上下水道 > 下水道 > 下水道使用料汚水排除量減量認定関係

ここから本文です。

更新日:2021年3月26日

下水道使用料汚水排除量減量認定関係

下水道使用料は、水道水等の使用水量を汚水の量(汚水排除量)として算定していますが、クーリングタワー(冷却塔)や製品製造過程での蒸発、製品含有等のように、下水道に排除されない水量(減量水量)があり、使用水量と汚水排除量が著しく異なるなどの条件を満たす場合は、事業者様自身の申告により、汚水排除量の減量認定を受けることができます(それに伴い、下水道使用料も減額となります)。

ご希望される方は、下記案内をご確認され、まずは、上下水道課までご来庁の上、事前相談をされますよう、よろしくお願いいたします。

・下水道使用料の汚水排除量減量認定について(案内)(PDF:133KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

上下水道課窓口グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1230(内線1208、1211)、0572-22-1233(内線1205)

メール:jyougesuido@city.tajimi.lg.jp