ホーム > 医療・福祉 > 健康 > こころの健康

ここから本文です。

更新日:2020年5月1日

こころの健康

ストレス社会と言われる現代。からだの健康だけでなくこころの健康のバランス維持も大切と言われています。日々を健やかに送るためにも、以下について専門医や保健師等による相談を実施していますので、気軽に相談ください。

仕事や学校に行くのがおっくう・元気ややる気がでない・人に当りやすい・眠れない・認知症・イライラして落ち着かない・思い込みが激しい・幻覚幻聴に惑わされる・ひきこもり不登校・摂食障害・強い焦りや不安感・確認癖がある・人と喋るのに緊張する・問題飲酒や薬物依存・応急手当を行ったことで心や体に不安なことがある

新型コロナウイルス感染症に起因した心の相談窓口

新型コロナウイルス感染症の感染拡大や感染防止等への取り組みが長期化していることに伴い、仕事や生活に不安やストレスを感じている方も少なくないと思います。岐阜県では電話による相談窓口を設置しております。ご利用ください。

 

  • 相談窓口:岐阜県精神保健福祉センター
  • 電話:058-231-9724
  • 開設日:平日9時~12時、13時~17時(5月2日~5月6日までの期間は、休日も電話による相談を受け付けます)

こころの耳「新型コロナウイルス感染症対策(こころのケア)」(外部サイトへリンク)

厚生労働省「SNS心の相談について」(外部サイトへリンク)

ストレス・災害時こころの情報支援センター(外部サイトへリンク)

こころの相談

日時

毎月第2金曜日・第3火曜日

(第3火曜日の5月・9月・1月は実施しません)

令和2年度こころの相談日程(PDF:320KB)

会場

第2金曜日:多治見市保健センター
第3火曜日:東濃西部総合庁舎1階診察室

相談員

精神科医・保健師

予約先

多治見市保健センター(0572-23-5960)
東濃西部総合庁舎(0572-23-1111内線361)

料金

無料

 

岐阜県精神保健福祉センター(外部サイトへリンク)

こころの体温計

こころの体温計とは、

ストレスをパソコンや携帯電話でチェックできるシステム『こころの体温計』を導入しました。現状のこころの状態を手軽にチェックしてみませんか。

結果の表示は、このように表示されます。

アクセスはこちらから

(外部サイトへリンク)

携帯電話はこちらから

1.こころの疲れに気づいていますか?

眠れない、食欲がない、口数が少ないなどこころの疲れのサインかもしれません。こころの体温計でチェックを!

2.ゲートキーパーになりましょう

ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聴き、必要な支援につなげ、見守る人のことです。あなたの周りの人が悩みや問題を抱えている様子なら、まずはやさしく声をかけてみてください。あなたの勇気と行動がかけがえのない命を守ります。

 

9月10日~9月16日は自殺予防週間です

毎年9月10日から9月16日までの一週間を「自殺予防週間」と定め、国、地方自治体、関係機関、団体等が連携し、啓発活動を推進することとしています。

自殺予防啓発キャンペーン(終了しました)

(1)JR多治見駅において啓発ティッシュの配布

  • 日時:令和元年9月10日(火曜日)午後5時30分~6時
  • 場所:JR多治見駅改札付近

(2)図書館等における啓発活動

  • 日にち:令和元年9月10日(火曜日)~9月16日(月曜日)
  • 場所:多治見市図書館および公立公民館図書室
  • 内容:いのちに関する本の紹介・展示

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健センター健康づくりグループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5960(直通)または0572-22-1111(代表)

ファクス:0572-25-8866

メール:hosen@city.tajimi.lg.jp