ホーム > 暮らし > 税金 > 個人市民税・住民税 > 上場株式等に係る特定配当所得及び特定株式等譲渡所得の申告について

ここから本文です。

更新日:2020年8月13日

上場株式等に係る特定配当所得及び特定株式等譲渡所得の申告について

上場株式等に係る特定配当所得及び特定株式等譲渡所得(特定口座で所得税や住民税が徴収されている所得。以下、「特定配当所得等」という。)については、所得税と市・県民税(以下、「住民税」という。)があらかじめ源泉徴収されるため、申告は不要です。
ただし、所得控除・税額控除等の適用を受けるために総合課税または、株式の譲渡損失と損益の通算を行うために申告分離課税を選択して申告することもできます。

申告した場合の影響について

特定配当所得等を申告した場合、これらの所得は「合計所得金額」に含まれることとなります。
合計所得金額が増加すると、以下の算定基準に影響が生じる可能性がありますので、ご留意下さい。

  • 非課税判定
  • 配偶者控除や扶養控除の適用
  • 国民健康保険料、介護保険料、後期高齢者医療制度保険料、その他合計所得金額を基準とする行政サービスなど

特定配当所得等の住民税申告不要制度について

平成29年度税制改正(課税方式の選択)により、特定配当所得等について、所得税と住民税で異なる課税方式を選択できることが明確化されました。

所得税と住民税で異なる課税方式を選択する場合、当該年度の住民税の納税通知書が送達されるまでに、

をご提出ください。

申告期限

「当該年度の住民税の納税通知書が送達されるまで」

  • 納税通知書には、「給与所得者に係る特別徴収税額決定通知書」が含まれます。送達日は、徴収区分(特別徴収・普通徴収)や送達の状況により異なりますので、詳細はお問合せください。

注意事項

  • 「住民税の申告不要」を選択した場合、住民税で配当割控除額、譲渡所得割控除額の適用はありません。
  • 納税通知書送達後に課税方式を変更することはできません(過年度分も同様です)。
  • 特定口座に受け入れた所得であっても、住民税があらかじめ特別徴収されていない所得は申告不要にはできません。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

税務課市民税グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-22-1111

内線:2263 2264

ファクス:0572-25-8228

メール:zeimu@city.tajimi.lg.jp