ここから本文です。

更新日:2020年11月19日

ファミリー・サポート・センター

ファミリー・サポート・センター事業は、保護者の就労や疾病に伴う子どもの世話、保育施設等の送迎など、既存の保育サービスでは応じきれない保育ニーズを支援する事業です。

「子どもを預かってほしい人」と「子育てのお手伝いをしたい人」が会員になり、地域の子育てを支援する会員組織です。

援助活動の内容

  • 保育施設(保育園、幼稚園、小学校)等への子どもの送迎
  • 保育施設等の始業開始前や終業時間後に子どもを預かる
  • 保護者の病気や急用時に、子どもを預かるなど

会員登録

ファミリー・サポート・センター事業は、会員制です。登録料は無料です。

会員の種別

依頼会員

  • 市内在住または在勤で、育児の援助を受けたい0歳児から小学校6年生までの子どものいる方

援助会員

  • 市内在住または在勤で、育児の援助を行いたい方

 ※資格や経験は不要です。随時、研修や交流会の案内を送付します。

両方会員

  • 市内在住または在勤で、依頼会員、援助会員両方をを希望される方

会員登録の方法

多治見市ファミリー・サポート・センター(豊岡町1丁目55番地 ヤマカまなびパーク1階 ママズプラス内)までお越しください。

登録時に窓口で、事業の内容等について説明いたします。

利用方法

援助を受けたい会員は、ファミリー・サポート・センターに電話にて連絡をしてください。センターが支援できる「援助会員」を紹介します。

事前に打ち合わせを十分に行った上で、援助活動に入っていただきます。

利用料金(報酬)

依頼会員が、援助会員に支払う料金(報酬)は、以下のとおりです。

利用日

時間帯

通常預かり

緊急・病児・病後児預かり※

平日(祝日を除く)

9時~17時 700円 1,000円
上記以外 800円 1,200円
上記以外 9時~17時 800円 1,200円
上記以外 900円 1,400円

きょうだい割引(同時預かり)

2人目以降半額 緊急 2人目以降半額
病児 行わない

 

  • 病児・病後児の預かりは、祝日・年末年始(12月29日~1月3日)を除く平日8時30分から19時まで、土曜日8時30分から正午までです。
  • 当日サポートを依頼される場合は緊急預かり料金となります。
  • 病児・病後児預かりの対象児童は、満1歳~小学校6年生です。 
  • 食事やおやつ代、交通費など実費がかかります。

 ※病児・病後児預かりについて

 病児・病後児の預かりは、通常の登録とは別に別途事前登録、事前打ち合わせが必要です

 以下の場合は病児・病後児預かりを行えません。

  • 38度以上の熱がある
  • 診断書が無いまたは未受診の場合の預かり
  • 発熱時等の保育施設・学校へのお迎え
  • インフルエンサ゛・はしか・おたふくかぜ等 感染性の疾患の場合(出席停止期間含む)
  • 感染性胃腸炎(ノロウイルス・ロタウイルス等)の場合
  • 咳がひどく息苦しそうである、食欲が減退している、嘔吐、水様便等があり、脱水症状がある、ぐったりしているといった症状の場合
  • 市販薬の与薬
  • サポート前の代理受診
  • 宿泊を伴う援助

  (上記に該当しない場合にも、医療アドバイザーの判断により、サポートできないことがあります。)

補償保険制度

援助中の万一の事故などに備えて、会員は全てファミリーサポートセンターが一括して補償保険に加入します。

なお、会員の掛け金の負担はありません。

利用や登録等に関するお問い合わせ

多治見市ファミリー・サポート・センター

〒507-0034 多治見市豊岡町1丁目55番地(ヤマカまなびパーク1階 ママズプラス内)

電話:0572-25-2091

開所時間:火~土曜日 午前9時~午後5時 [土曜日は午後4時まで] (祝日・年末年始を除く)

  

 

お問い合わせ

子ども支援課子育ち支援グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5958(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2352・2353・2354

ファクス:0572-23-8577

メール:kodomosien@city.tajimi.lg.jp