ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > 人口対策中期戦略

ここから本文です。

更新日:2017年5月11日

人口対策中期戦略

概要

本市は、平成12(2000)年の国勢調査をピークに人口が減少に転じました。今後も人口減少が続き、平成39(2027)年ごろに10万人を下回る見込みです。人口が減少することで、都市としての利便性が低下し、人口減少が加速するという負の連鎖を断ち切るため、平成28(2016)年度から8年間を計画期間とする第7次総合計画を策定しました。

一方で、地方分権の進展など、地方自治体と取り巻く環境の変化の中で自治体間競争は激化しており、「選ばれる自治体」であるためには地域の個性や強みを打ち出していく必要があります。

本戦略は、多治見市の魅力や特徴を発信していくことで、人口減少を抑制し、「まるごと元気」を基本方針とする第7次総合計画を更に推し進めるための方向性を定めるものです。

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画防災課企画調整グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1376(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1411・1412・1413

ファクス:0572-24-0621

メール:kikaku@city.tajimi.lg.jp