ここから本文です。

更新日:2019年6月13日

穴窯フェア

安土桃山陶磁の里作陶施設において、一般参加者を募り作陶及び穴窯での焼成、穴窯焼成見学イベントなどを「穴窯フェア」として実施します。穴窯とは、昔ながらの薪でじっくり焚きあげる窯です。日数と労力を必要とする窯ですが、自然な風合いを作品に与えてくれます。

窯焚き体験・見学イベント

窯から吹き出る炎が夕闇に映える豪壮な光景をお楽しみください。

日時

令和元年11月24日(日曜日)午前10時から午後5時

場所

安土桃山陶磁の里 ヴォイス工房(多治見市東町1-9-17)

anagama2015

穴窯で作品を焼こう!ー作品募集ー

穴窯フェアでは、穴窯で焼く作品を下記の2つのコースにて募集しております。年に一度のチャンスですので、ぜひご参加ください。作陶が初めての方でもスタッフが丁寧にご指導いたします。

申込期間:令和元年9月1日(日曜日)から11月4日(月曜日)

応募点数:おひとり様3点まで

作品持ち込みコース

ご自身で作陶された作品を穴窯で焼成いたします。

 

小サイズ1点:1000円(直径15cm×高さ15cm以内)

大サイズ1点:3000円(直径20cm×高さ30cm以内)

穴窯作陶コース

ヴォイス工房またはボイスオブセラミックスで作陶した作品を穴窯で焼成いたします。

 

小サイズ1点:2000円

大サイズ1点:4000円

(材料費込)

Night at 美濃焼ミュージアム

多治見市美濃焼ミュージアムの夜間開館を行います。昼間とは一味違うミュージアムをお楽しみください。穴窯焼成会場にて無料招待券をお渡ししています。ご希望のお客様には、学芸員が解説をいたします。

日時

令和元年11月24日(日曜日)午後5時から午後8時

場所

多治見市美濃焼ミュージアム

企画展

1.宿場町のやきものー中山道の歴史をうつわでたどるー

2.再現ではなく創造2018ー子どもたちのやきもの表現ー

常設展

「美濃焼1300年の流れ」

「現代美濃陶芸の精華」

「荒川豊蔵展示室」

お知らせ

過去の穴窯フェアの風景写真を、令和元年6月28日(金曜日)から7月10日(水曜日)まで、多治見市駅北庁舎1階ロビーにてパネル展示いたします。ぜひお立ち寄りください。

お問い合わせ

産業観光課産業観光グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1250(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1175

ファクス:0572-25-3400

メール:sangyokanko@city.tajimi.lg.jp