ホーム > 医療・福祉 > 福祉 > 福祉政策 > 多治見市福祉基本条例

ここから本文です。

更新日:2017年11月17日

多治見市福祉基本条例

ずっと暮らしつづけたいまち、安心のあるまち

平成16年度から多治見市福祉基本条例が施行されました。

 

すべての市民が、住み慣れた家庭や地域の中で、いつまでも安心して幸せに暮らしつづけられるよう、市民、事業者、市が一体となり、その実現に取り組むため、地域福祉の推進、市民活動の促進、福祉サービスの利用促進、生活環境の整備について定めました。

基本理念

次に掲げる社会の実現を目指すことを福祉のまちづくりをすすめるうえでの基本理念としています。

  1. すべての市民が個人として尊重される社会
  2. すべての市民が偏見を持たず、差別しない、差別されない社会
  3. すべての市民が生きがいを持てる社会
  4. すべての市民が健やかに暮らせる社会
  5. すべての市民が地域で生活し続けることができる社会
  6. すべての市民が相互に支え合い連帯する社会
  7. すべての市民が安心して生活できる社会
  8. すべての市民が福祉のまちづくりに参加する社会

参考資料


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉課福祉総務グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5812(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2217・2218

ファクス:0572-24-1621

メール:fukusi2@city.tajimi.lg.jp