ホーム > 医療・福祉 > 福祉 > 災害見舞金、災害弔慰金、災害障害見舞金、日本赤十字社

ここから本文です。

更新日:2018年4月6日

災害見舞金、災害弔慰金、災害障害見舞金、日本赤十字社

 災害見舞金の支給

災害により、多治見市に住んでいる方が死亡、または住んでいる住家が被害を受けた場合に災害見舞金を支給します。

火災により死亡、または死亡したと推定される場合

1人につき

10万円

火災又は自然災害により住家が全焼、または全壊した場合

1世帯につき

10万円

火災又は自然災害により住家が半焼、または半壊した場合

1世帯につき

5万円

浸水が住家の床上に達した場合

1世帯につき

3万円

災害弔慰金の支給

自然災害により死亡した市民のご遺族に対して災害弔慰金を支給します。

生計維持者が死亡した場合 500万円
その他の方が死亡した場合 250万円

ただし、死亡者がその死亡に係る災害に関し、既に災害障害見舞金の支給を受けている場合は、これらの額から当該支給を受けた災害障害見舞金の額を控除した額になります。

災害障害見舞金の支給

市民の方が、自然災害により負傷し、または疾病にかかり、治った場合(その症状が固定したときを含む。)において、一定程度の障害があるとき、災害障害見舞金を支給します。

生計維持者の場合 250万円
その他の場合 125万円

 日本赤十字社

日本赤十字社岐阜県支部多治見市地区として事業を展開しています。毎年7月ごろには自治組織役員、民生児童委員のみなさまのご協力のもと、赤十字社資募集を行っております。ご協力いただいた社資は国の内外を問わず、災害救援や奉仕活動などに役立てられます。
また、日本赤十字奉仕団として、中央分団・池田分団・笠原分団の3団体が地域福祉の奉仕活動に従事しており、一人暮らし高齢者や寝たきり高齢者の慰問などの活動をしています。

【平成29年度多治見市地区社資実績】

 

金額

一般社資

9,553,744円

法人社資

499,000円

合計

10,052,744円

ご理解、ご協力ありがとうございました。

お問い合わせ

福祉課福祉総務グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5812(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2217・2218

ファクス:0572-24-1621

メール:fukusi2@city.tajimi.lg.jp