ホーム > 暮らし > 開発・建築・地籍 > 耐震診断・耐震改修工事 > 木造住宅除却工事補助事業

ここから本文です。

更新日:2021年4月9日

木造住宅除却工事補助事業

旧耐震基準で建築された木造住宅の耐震化を促進するため、木造住宅の除却工事を実施される方に、工事に要する費用の一部を補助します。

事業の対象

次の1.~6.のすべてに該当する木造住宅の除却工事を行う住宅の所有者が対象となります。

 1.多治見市内に存するものであること。

 2.個人が所有するものであること(共有者のうち一人でも個人である場合を含む)。

 3.昭和56年(1981年)5月31日以前に着工された木造住宅であること。

 4.市の行う木造住宅耐震診断を受け、その結果、評点が1.0未満とされたものであること。

 5.過去に耐震改修工事に係る市の補助金の交付を受けていないものであること。

 6.現に居住の用に供するもの(借家の場合は、当該住宅を除却することについて入居者の同意が得られたものに限る。)であること。

補助対象工事

 1.除却する部分の床面積が30平方メートルを超えるもの。除却後の運搬及び処分費を含む。

 2.建設業法(昭和24年法律第100号)第3条第1項の許可を受けている者又は建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律(平成12年第104号)第21条第1項の登録を受けている者が行うものであること。

 申込方法

 申込みの際に必要な書類

申込みには、次の書類が必要になります。

 1.木造住宅除却工事補助金交付申請書(様式第1号)

 2.対象住宅の所有者が確認できる書類(登記簿謄本、固定資産税納税通知書など)

 3.木造住宅耐震診断の結果報告書の写し

 4.付近見取図

 5.平面図(床面積が算定できるように寸法が明示されたもの)

 6.対象住宅の写真(2面以上)

 7.除却工事の見積書(工事施工者の記名、押印のあるもの)

 8.所有者との関係が分かる書類(相続人が申請者となる場合)

 9.入居者の同意書[任意様式](借家の場合)

 10.補助対象経費と交付対象となる経費が重複する他の補助金、貸付金、利子補給金等を受けていないものである旨の誓約書[任意様式]

 11.除却工事施工者の建設業許可証の写し又は解体工事業登録証の写し

 12.その他市長が必要と認める書類 

申込み先

多治見市役所本庁舎3階・開発指導課窓口

申込み件数には限りがございますので早めにお申込みください。

様式

お問い合わせ

開発指導課建築指導グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1336(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1394

ファクス:0572-25-6436

メール:sidou@city.tajimi.lg.jp