ここから本文です。

更新日:2018年12月14日

30人程度学級

多治見市立中学校の第3学年の学級編制を30人程度とする制度です。(平成20年度~)

また、平成28年度から30人程度学級編制を第2学年にも拡大しました。

平成31年4月採用予定の中学校講師(数学、英語等)を募集

30人程度学級編制の実施にともない市費負担による非常勤講師を採用します。

応募資格

次の要件をすべて満たす者に限ります。

  1. 昭和25年4月2日以降に生まれた方
  2. 必要とする教員免許状を所持するか、平成31年3月31日までに取得見込みの方
  3. 学校教育法第9条各号及び地方公務員法第16条各号に定める欠格条項のいずれにも該当しない方

申込受付期限

平成31年2月12日(火曜日)午後5時15分必着

試験内容

試験区分

対象者

内容

試験日

合格発表
予定時期

第1次試験

受験者全員

論文審査

応募者に直接連絡(電話または郵送)します。

平成30年3月上旬

第2次試験

受験者全員

面接

随時
面接日時等については、後日お知らせします。

第1次試験と同じ日に実施する場合もあります。

平成30年3月中旬

給与等(一部変更になる場合があります。)

  • (1)任用
    任用の期間は、平成31年4月1日から平成32年3月31日までとなります。市職員としての身分は、嘱託員です。なお、一部の教科では、勤務実績が良好である場合は、再任も有り得ます。
  • (2)報酬
    1月あたり254,700円
  • (3)勤務時間等
    勤務時間:7時間40分/日
    勤務日数:学校活動日並びに夏季・冬季休業及び学年末休業日の内で指定された日
  • (4)その他
    学級担任にはなりません。

30人程度学級編制概要

目的

思春期で、多感な中学生一人ひとりの様態を十分に把握し、きめ細かな学習指導、生徒指導や教育相談ができるよう、中学校の学級編制を「40人」から「30人程度(35人)」とします。
特に、受験等人生の節目を迎え心理的に不安定となりがちな中学3年生について平成20年度から導入しています。

学級編制

1.現行の学級編制基準(県基準)

中学校

1年生

上限35人(県独自基準)

2~3年生

上限40人(国標準)

小学校

1~2年生

上限35人(県独自基準)

3~6年生

上限40人(国標準)

2.本市基準(平成28年度※予定)

中学校

1年生

上限35人(県独自基準)

2年生

30人程度学級上限35人*(市独自標準)

3年生

30人程度学級上限35人*(市独自標準)

小学校

1~3年生

上限35人(県独自基準)

4~6年生

上限40人(国標準)

30人学級編制に弾力を持たせるため、編制上限数を=35人とします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育推進課教育推進グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5904(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2323~2326

ファクス:0572-23-5862

メール:kyoiku@city.tajimi.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?