ホーム > 医療・福祉 > 健康 > 熱中症 > 熱中症の予防法

ここから本文です。

更新日:2021年1月20日

熱中症の予防法

熱中症の予防には「水分補給」と「暑さを避けること」が大切です。

水分・塩分補給

  • こまめな水分・塩分補給(特に高齢者、障がい児・障がい者の場合、のどの渇きを感じなくても、こまめな水分補給を)

熱中症になりにくい室内環境

  • 扇風機やエアコンを使った温度調整
  • 室温が上がりにくい環境の確保(こまめな換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水など)
  • こまめな室温確認
  • 感染症予防のため換気を行う場合、室温が高くなるのでエアコンの温度設定をこまめに調整

体調に合わせた対策

  • こまめな体温測定(特に体温調節機能が十分でない高齢者、障がい児・障がい者、子ども)
  • 通気性の良い、吸湿・速乾の衣服着用
  • 保冷剤、氷、冷たいタオルなどによる体の冷却
  • 体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で療養

外出時の注意

  • 日傘や帽子の着用
  • 日陰の利用、こまめな休憩
  • 通気性の良い、吸湿・速乾の衣服着用
  • 天気の良い日は昼下がりの外出はできるだけ控える
  • 気温・湿度が高い中でのマスク着用は特に注意し、屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、マスクをはずして休憩する

お問い合わせ

保健センター健康づくりグループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5960(直通)または0572-22-1111(代表)

ファクス:0572-25-8866

メール:hosen@city.tajimi.lg.jp