ホーム > 市政情報 > 施設案内 > 三の倉センター > 施設・ごみ収集の変遷

ここから本文です。

更新日:2022年9月22日

施設・ごみ収集の変遷

焼却施設の変遷

  • 昭和27年 じん芥焼却場 脇之島(現平和町4丁目地内)に完成 日量500貫
  • 昭和32年 じん芥焼却場 月見町地内に完成 7.5t/日
  • 昭和40年 じん芥焼却場 富士見町地内に完成 10t/日×2炉

  • 昭和46年 富士見町焼却場の炉を50t/日炉に更新 (機械化バッチ燃焼式)

  • 昭和57年 じん芥焼却場 三の倉センター完成 50t/16h×2炉 (准連続燃焼式ストーカー炉)

旧三の倉センターの写真

(旧三の倉センターパンフレット)(PDF:1,743KB)

  • 新旧焼却場の比較

  • 平成15年 三の倉センター 施設更新 85t/24h×2系列(コークスベット式直接溶融炉)

三の倉センターの写真

収集車両の変遷

  • 昭和24年 市街地のじん芥収集開始(有料申込制)
  • 昭和42年 収集トラック

  • 昭和46年 ダストボックスの収集

  • 昭和47年 4月から事業所有料、一般家庭無料化 市指定ポリエチレン製ごみ袋導入
  • 昭和48年 パッカー車による収集開始

  • 昭和58年 10月 金属、ビンの分別収集開始
  • 平成 9年  指定ごみ袋制、粗大ごみシール制導入(一般家庭の有料化)
  • 平成12年 23分別収集を開始
  • 平成15年 埋立てごみ収集を廃止、破砕ごみ収集開始

テールゲートを上げたパッカー

テールゲートを上げたパッカー

広告掲載パッカー

広告掲載パッカー

  • 平成21年 資源収集を外部委託

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

三の倉センター管理グループ

〒507-0045 多治見市三の倉町猪場37

電話:0572-23-1103

ファクス:0572-25-4010

メール:sannnokura-cen@city.tajimi.lg.jp