ここから本文です。

更新日:2022年9月22日

施設概要

概要

面積

敷地面積 約40,500平方メートル
建築面積 約18,195平方メートル

 

建築構成

焼却場・リサイクルプラザ 地上5階・地下1階
管理棟 地上3階

 

map

 

工期

着工 平成12年8月
竣工 平成15年3月(焼却場)
平成17年3月(リサイクルプラザ)

 

建設費

  焼却場 リサイクルプラザ
建設工事費 106億6,435万円 21億121万円
国庫補助金 24億3,241万円 4億5,505万円
起債 56億3,490万円 15億1,290万円
一般財源 25億9,704万円 1億3,326万円

 

 

 

主要設備

焼却場主要設備

処理能力 170t/日(85t/24h×2炉)
処理対象物 一般都市ごみ(130t/日)
下水汚泥(38t/日)
し尿汚泥(2t/日)
処理方式 直接溶融・資源化システム
受入供給設備 ピットアンドクレーン方式(ごみピット910t)
溶融炉設備 コークスベット式直接溶融炉
溶融物処理設備 水砕・磁選方式
燃焼設備 旋回燃焼方式
燃焼ガス冷却設備 自然循環式排熱ボイラ方式
排水処理設備 場内循環使用
排ガス処理設備 ろ過式集塵器
乾式消石灰吹込方式(脱)HCl
触媒方式(脱NOx・脱ダイオキシン)
余熱利用設備 蒸気タービン発電(定格2,050kw)

リサイクルプラザ主要設備

処理能力(破砕) 破砕ごみ・粗大ごみ(25t/日(5h))
処理対象物 収集破砕ごみ(13.7t/日)
事業系破砕ごみ(11.1t/日)
収集粗大ごみ(0.2t/日)
資源化施設 アルミ缶・スチール缶・ペットボトル(3t/日(5h))
ストックヤード ビン類(6t/日)
受入供給設備 ピットアンドクレーン及びホッパ直接方式
選別設備 缶:磁力及びアルミ選別方式
ビン:ストックヤード方式
再生設備 鉄・アルミプレス機(飲料缶用)
ペットボトル圧縮減容器

 

施設パンフレット

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

三の倉センター管理グループ

〒507-0045 多治見市三の倉町猪場37

電話:0572-23-1103

ファクス:0572-25-4010

メール:sannnokura-cen@city.tajimi.lg.jp