ホーム > 市政情報 > 施設案内 > 施設概要

ここから本文です。

更新日:2021年5月25日

 

施設概要

笠原クリーンセンターの概要

現在の状況については、笠原クリーンセンタートップページの「一般廃棄物処理施設の維持管理に関する情報」をご覧ください。

トップページ

安定型最終処分場

陶磁器、板ガラス、コンクリートガラ、レンガ、瓦など、長期間にわたり性質が変化安定型処分場しないものを埋立処分しています。そのため、一般的な処分場と違い、水処理施設がありません。

  • 面積:85,535平方メートル(テニスコート328面分)
  • 容積:1,451,795立方メートル(25mプール2978個分)
  • 供用開始:昭和51年4月から

管理型最終処分場

管理型処分場笠原クリーンセンター焼却場の灰を埋め立てるため、開設されました。

合併により、旧笠原町の焼却物も三の倉センターで焼却することになったことから、笠原クリーンセンター焼却炉を休止したため、現在埋立を行っていません。

  • 面積:6,100平方メートル(テニスコート23面分)
  • 容積:30,000立方メートル(25mプール62個分)
  • 供用開始:平成7年4月から
  • 水処理施設:接触曝気型
  • パンフレット(PDF:2,470KB)

焼却場(休止中)

合併により、旧笠原町の焼却物も三の倉センターで焼却することになったことから、平成21年3月より焼却を行っていません。

使用車両・機械

  • 油圧ショベル:容量0.8立方メートル:1台
  • 油圧ショベル:容量0.15立方メートル:1台
  • ブルドーザ:1台
  • ホイールローダー:1台

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

笠原クリーンセンター 

〒507-0901 多治見市笠原町字梅平4022番地7

当センターは、平成28年4月1日から受入を休止しました。
お問い合わせについては、大畑センター(0572-23-2926)まで。