ホーム > 暮らし > ごみ・リサイクル > ごみに関する市の方針 > 指定ごみ袋の価格(手数料)設定

ここから本文です。

更新日:2019年10月1日

指定ごみ袋の価格(手数料)設定

ごみ処理手数料の設定内容

ごみ処理にかかる費用は、「市民負担分」と「税金投入分」からなっています。

指定ごみ袋大1袋(4.6kg)を処理するには、収集費用として96円、処理費用として170円の合計266円の費用がかかります。その費用のうち、52円がごみ袋の手数料、214円が税金投入となっています。この、市民負担分が指定ごみ袋の価格となります。

当初の手数料設定時には、市民負担割合が3分の1でしたが、処理経費の増加(平成17年度より焼却施設のメンテナンス料が発生)により、現在では5分の1未満となっています。

収集費用の主な内訳としては、人件費、収集車維持管理費、ごみ袋作成費等があります。また、処理費用の主な内訳としては、焼却施設維持管理費、焼却施設修繕費、副資材(コークス)等があります。

今後、料金の負担割合については、4年毎の手数料の見直しに合わせて、廃棄物減量等推進審議会で審議してまいります。

ごみ処理に係る市民負担額(ごみ袋1枚あたり)

区分

内容重量

ごみ処理費用
合計

市民負担額
(負担割合)

ごみ袋(大)

4.6kg

266円

52円(19.5%)

ごみ袋(中)

3.3kg

191円

34円(17.8%)

ごみ袋(小)

2.2kg

127円

20円(15.7%)

ごみ処理費用は、平成30年度実績で計算。

お問い合わせ

環境課廃棄物対策グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1580(直通)または0572-22-1111(代表)

ファクス:0572-22-1186

メール:kankyo@city.tajimi.lg.jp