ホーム > 暮らし > 防災・防犯・安全 > 違反対象物公表制度の開始について

ここから本文です。

更新日:2019年5月2日

違反対象物公表制度の開始について

概要

ホテル、病院、社会福祉施設などの不特定多数の方が利用される建物において、多くの死者を伴う火災が多発しているため、多治見市火災予防条例を改正して、建物を利用しようとする方が、その建物の危険性に関する情報を入手し、建物を利用する際に判断ができるように、消防法令に関する重大な違反がある建物について公表することになりました。

公表対象となる建物

飲食店、ホテルや雑居ビルなどの不特定多数の方が利用する建物と病院や社会福祉施設などの避難が困難な方が利用する建物

公表対象となる違反内容

建物に屋内消火栓設備、スプリンクラー設備や自動火災報知設備が一切設置されていない建物

公表手順と公表内容

立入検査を実施し、その結果を通知してから14日が経過しても違反が是正されていない場合は、市ホームページで建物の名称、所在地と違反内容について公表します。

運用開始日

平成31年4月1日から

 

違反対象物一覧

 

防火対象物の名称 防火対象物の所在地 違反の内容
柴田良子貸店舗 笠原町2072番地 自動火災報知設備未設置
岩井陶器株式会社 上野町1丁目97番地 自動火災報知設備未設置

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

予防警防課予防グループ

〒507-0828 多治見市三笠町2丁目21番地

電話:0572-22-9233

内線:3624

ファクス:0572-21-0022

メール:yokei@city.tajimi.lg.jp