ホーム > 暮らし > 防災・防犯・安全 > 火災予防上の命令を受けている対象物

ここから本文です。

更新日:2020年4月27日

火災予防上の命令を受けている対象物

消防法では、消防機関が立入検査により火災予防上の危険や消防法令違反を把握し、その改修等の命令を発した場合には、その旨を公示しなければなりません。多治見市消防本部では、命令を行い公示している建物の所在地、名称、違反内容を利用者や近隣の方々の安全のためにお知らせしています。

火災予防上の命令を受けている違反対象物

多治見市内において、現在、火災予防上の命令を受けている違反対象物は次のとおりです。

命令事項が履行されるまでの間、情報提供を行います。

 

 

No

防火対象物の名称

防火対象物の所在地

用途

命令を受けた者の氏名

命令を行った日

命令内容

命令をした者

1

岩井陶器株式会社 多治見市上野町1丁目97番地

飲食店

店舗

駐車場

岩井繁 平成29年9月13日 平成29年12月12日までに建物全体に自動火災報知設備、1階駐車場部分に水噴霧消火設備、泡消火設備、不活性ガス消火設備、ハロゲン化物消火設備、又は粉末消火設備を設置すること。

多治見市消防長

2

有限会社ヒカリセラミク 多治見市白山町3丁目98番地の1

作業場

森芳成 平成30年6月5日 平成30年9月3日までに建物全体に屋内消火栓設備と自動火災報知設備を設置すること。

多治見市消防長

3 有限会社中京マシンシステム 多治見市赤坂町7丁目88番地 作業場 渡邉秀男 平成30年6月13日 平成30年9月11日までに建物全体に屋内消火栓設備と自動火災報知設備を設置すること。 多治見市消防長
4 有限会社日冨 多治見市市之倉町2丁目231番地 工場 冨田征彦 令和元年7月2日 令和元年9月30日までに南側工場に自動火災報知設備を設置すること。 多治見市消防長
5 有限会社山万製陶所 多治見市滝呂町2丁目87番地 工場 吉川公人 令和元年8月27日 令和元年11月25日までに該当する建物全体に自動火災報知設備を設置すること。 多治見市消防長
6 有限会社丸半製陶所 多治見市下沢町4丁目52番地の1 工場 柴田武司 令和元年11月6日 令和2年2月4日までに建物全体に屋内消火栓設備を設置すること。 多治見市消防長
7 株式会社マルエス 多治見市下沢町2丁目43番地 工場 加藤久雄 令和2年3月31日 令和2年6月29日までに建物全体に屋内消火栓設備を設置すること。 多治見市消防長

お問い合わせ

予防課

電話:0572-22-9233

ファクス:0572-21-0022

メール:yobou@city.tajimi.lg.jp