デザイン支援/食器安全対策 Support

 

 その時々のニーズに応じて陶磁器に関するデザイン支援及び食器安全対策を行っています。今までに支援したデザインは地元の陶磁器業界において数多く取り入れられています。 食器の安全に関して、デザイン及び成形技術、絵具・釉薬調製等に関する相談、支援を行っています。

 Throughout the years we have supported our local ceramic industry based on the various needs of our community.  These include technical design and prototyping support to glaze and color consultations.  

 

デザイン室  Design office

 

 美濃焼陶磁器業界の支援を目的に、幅広いデザイン業務を行っています。相談のみの場合は、原則料金は発生しません。
(デザイン及び成型技術に関する指導、成果物の提出をお求めの場合は、既定に従って料金が発生します。)

 We provide a wide range of design support to the Mino ceramicware industry.There is no fee for initial consultation. 
Further consultation for design, mold making, prototyping support will be charged based on our guidelines. 

 

実績 -研究事業  Achievement

令和3年度の事業 Project Outcomes for 2021


《3Dスキャナー活用研究会》 

 多治見市陶磁器意匠研究所は、陶磁器製造技術の高度化を目指して、令和2年度に高精度3Dスキャナーを導入しました。令和3年度は、市内の飲食器製造、モザイクタイル製造、陶磁器石膏型製造の業界団体と共同で、それぞれの業界毎に3Dスキャナーの効果的活用方法を探る研究会を開催しています。


■タイル業界との研究会

 モザイクタイルのメーカーを中心とした笠原タイル業界との「3Dスキャナー活用研究会」では、植物や石材などの天然素材のスキャンデータを用いてモザイクタイル面状のCADデータ化を進めるとともに、そのデータを基に3Dプリンターで製作した〝湿式押出成形用樹脂ローラー”や〝乾式プレス成型用樹脂型″によるタイル試作など、製品開発に直結した3Dスキャナーの活用方法を研究しています。

  ▶▶▶研究会の詳細はこちら


飲食器製造業界との研究会

   飲食器メーカーを中心とした滝呂・市之倉・高田地区の陶磁器工業協同組合との「3Dスキャナー活用研究会」では、既存製品のスキャンデータを用いて、製品のサイズや形状を変更したバリエーション展開、石膏型が残っていない古い製品の原形再生、スキャンしたテクスチャーと既存製品とのマッピングなど、リバースエンジニアリングにおける3Dスキャナーの有効性について研究しています。

  ▶▶▶研究会の詳細はこちら

 

■ 石膏型製造業界との研究会

  岐阜県石膏型工業協同組合多治見・滝呂支部との「3Dモデリング機器活用造形技術向上研究会」では、美濃焼生産に欠かせない石膏型製造の工程で3Dスキャナーを活用し、石膏造形の更なる精度向上や、製造時間の短縮、作業の効率化等を図るための様々な研究を行っています。

  ▶▶▶研究会の概要および「石膏型のできるまで」はこちら

       

《Study Group on the Use of 3D Scanners》

    Ishoken / Tajimi City Pottery Design and Technical Center introduced a high-precision 3D scanner in 2020 with the aim to improve ceramic manufacturing technology. In 2021, Ishoken held collaborative study groups with the mosaic tile, ceramic tableware, and plaster mold industries in Tajimi to explore effective uses of 3D scanners.

 

■Study group with Mosaic Tile Industry 

  In the study group with the Kasahara tile industry, CAD data of tile surfaces were made using scanned data from natural materials such as plants and stones. At the same time, we explored methods that could directly be used in the tile manufacturing process by using 3D printed resin components using the scanned data. We made tile prototypes using these resin components in the wet extrusion roller molding process and as molds for the dry press molding process in tile manufacturing.

■Study Group with Tableware Manufacturing Industry

    In the study group with the ceramic tableware industry we collaborated with the Ceramic Industry Cooperative Association from Takiro, Ichinokura, and Takata, and utilized reverse engineering techniques using the 3D scanner. We took 3D scans of existing products in production and reverse engineered the products to develop variations by changing size, form and by adding scanned textures as surface treatment. We also 3D scanned old products that have no plaster mold remaining.

■Study Group with the Plaster Mold Manufacturing Industry  

    In the study group with the Gifu Prefecture Plaster Mold Industry Cooperative Association Tajimi and Takiro Branch, we conducted various studies to further improve the plaster industry. We worked on improving accuracy of plaster modeling, shortening manufacturing time, and increasing work efficiency by using 3D scanners in the plaster mold manufacturing process, which is essential for Mino Ceramic production.

 

 

 

令和2年度の事業 Project Outcomes for 2020 


■3Dプリンター・3DCAD活用造形技術向上研究会 

 多治見市陶磁器意匠研究所は、2018年10月に3Dプリンターを導入し、形状サンプル見本、樹脂原型として市内企業様を中心に活用いただいています。令和2年度から、陶磁器関連企業の皆様に更なる有効活用をしていただくため、当研究所デザイン室と岐阜県石膏型組合多治見・滝呂支部組合員有志9社と当研究所の連携による「3Dプリンター・3DCAD活用造形技術向上研究会」を6月から開始しました。
 研究会では、美濃焼製造の根幹を支える既存の石膏成型技術に加え、樹脂型と3Dモデリング技術の新たな活用方法について、現場に一番近い原型師の皆さんと現実的な観点から模索しています。

3D Printing/Modeling Research Group 

 We have been printing/modeling prototypes and resin molds for local ceramic companies, since we acquired a high quality 3D printer in October 2018. In June 2020, we decided to create a "3D Printing/Modeling Research Group" made of 9 companies that are part of the Gifu Gypsum Mold Association, Tajimi Takiro Branch and Institute. The research group was organized to encourage more effective use of the 3D printer and modeling software. 
 We are also exploring new ways to utilize resin molds and 3D modeling technology that can be applied in the real world. In order to make this possible we have been collaborating with prototype makers who work close to the production line.   

 

 

食器安全対策室  Tableware safety policy office

 

 製造方法や管理体制に起因する製品の欠陥に対し、問題解決のため業界の方向けに技術的な相談をお受けしています。
相談のみの場合は原則料金は発生しません。
(意見書や検査結果通知書、成果物の提出をお求めの場合は、規定に従って料金が発生します。)


  We provide technical food health and safety consultation for the ceramic tableware industry. We problem solve for product defects in the manufacturing process through to defaults in management systems. Initial consultation is free of charge.  However, if you require official consultation documents or examination test result documents fees may apply based on our guidelines.)

 



 

……