パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

2022

Work by Tatiana German

Application Guidelines

研究生募集要項

 

About us

 

多治見市陶磁器意匠研究所とは?

 美濃焼の魅力を世界に向けて発信し、陶磁器産業に携わる人々や陶芸家を志す若者が世界中から集まる町を目指している多治見市は、岐阜県の南東部に位置するこの地方の主要都市であると同時に、近隣の土岐市や瑞浪市とともに美濃焼という日本最大の陶磁器生産地を形成しています。日本の陶磁器生産量の約半分を占める美濃焼の地で、多治見市陶磁器意匠研究所は前身の美濃焼上絵付研究所が昭和26年(1951年)に設立されて以来、65年以上にわたってやきものに携わる人財の育成に取り組んできました。900名を越える卒業生の面々は、美濃焼業界をはじめ全国の陶磁器生産地や、さらには海外をフィールドとして、やきもののあらゆる分野で活躍しています。 多治見市陶磁器意匠研究所は、大学や短大・専修学校・各種学校とは異なる公設(多治見市立)の試験研究機関です。そのため、カリキュラムの構成は独自性が高く、加えて日本最大の陶磁器生産地と直結しているメリットを最大限に生かすことで、伝統と現代性の両面においてリアリティのある研修を受けることができます。

 

Placeholder image

美濃焼上絵付研究所

多彩な技術と知識の習得

 現代の美濃焼は全国各地の陶磁器生産地の中でも、とりわけ多種多様な生産技術や様式を備えた地域です。品種は洋食器・和食器・タイルを中心に、土器・陶器・炻器・磁器と幅広く、伝統的な作品から現代陶芸にいたるまで、バリエーション豊富なやきものが作られています。このような生産地は世界的に見ても他に例がなく、現代の美濃焼を象徴する特色といえるでしょう。多治見市陶磁器意匠研究所では、こうした地域性をベースにして、多彩な技術と知識を習得するための研修課程と研修設備を用意しています。

 

Placeholder image

作品:五嶋穂波(令和2年度卒業制作賞)

新たな時代を切り開く創造力

 やきものづくりを学ぶことについて「伝統的な技術の継承」というイメージを抱かれる方も多いでしょう。実際に現代の陶磁器の生産技術や芸術性は、過去の先人達の弛まぬ努力の積み重ねにほかなりません。多治見市陶磁器意匠研究所は、やきものの技術や知識を習得するだけではなく、それらを現代の視点であらためて見つめ直すことも大切にしています。研修課程に共通した方針は「やきものの特性を着実に踏まえかつ現代性を備えたやきもののあり方を探る」ことです。「オリジナリティーがあって、しかもやきものでしか表現できない」そんな作品を生み出す力を身につけて欲しいと考えています。

 

Course Outline

 

研修課程の3コース

 デザインコースと技術コースは、どちらも2年間の研修課程です。1年目のカリキュラムは共通の実習と講義で構成され、やきもの作りの基礎的な知識と技術を学びます。その後、1年目の研修を終えた時点で、研究生の適性や希望に沿ってデザインコースあるいは技術コースのどちらかを選択します。2年目の研修では、応用制作課題と卒業制作を通して各々の進路を見据えた制作技術と創造力を養います。

 セラミックスラボは、デザインコース・技術コースの上位に当たる1年間または2年間の研修課程で、やきもの作りの基礎的な知識と技術をすでに習得されている方を対象とします。また、デザインコース・技術コースを修了した方が引き続きセラミックスラボに進むこともできます。世界各地から研究テーマを持った研究生が集い、多様な価値観の中で創造する力を磨き、卒業後に国内外で活躍するための制作技術と創造力を養います。


 ishoken_ceramic

 


デザインコース[2年間]

 デザインコースは、使い手の想いや時代性を考え、やきものの魅力を活かした、私たちの生活をより一層楽しくする道具としての陶磁器制作を行います。

 

技術コース[2年間]

 技術コースは、さまざまな素材の研究や技法の実践を通して、工芸的なアプローチでそれぞれの個性や表現による新しい陶磁器制作を行います。

 

セラミックスラボ通常選考[1年間または2年間]

 セラミックスラボは、研究生それぞれのテーマに沿って、1年間(引き続き1年を上限として延長も可能)じっくりと制作・研究を深く掘り下げながら、世界を舞台に活動するための陶磁器制作を行います。

 

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

Curriculum

研 修 科 目

毎週 月曜日−金曜日  午前9:00 ~ 12:00 午後13:00 ~ 16:00

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

Public Lecture

公 開 特 別 講 義

幅広い分野の講師によるスライドレクチャーです。 講義は一般の方にも公開しています。

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

Equipments

保 有 設 備

やきものに関する幅広い技術に対応した設備と機材を備えています。

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

Statistics

出身学校の傾向と卒業生の進路

全国各地から研究生が集まり、様々な場所で活躍しています。

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

Application
Requirements

募 集 内 容

Work by Yamaguchi Mio

 

デザインコース・技術コース(第65期生)

 

1.研修期間 …2年間

 

2.定員 …20人

*定員に満たない人数を二次募集します。二次募集の募集人数は1月初旬頃に当所のホームページに掲載します。

 

3.入所資格

(1)年齢満18歳以上満30歳以下の者
  (1991年4月2日から2004年4月1日までに出生の者)
(2)高等学校卒業若しくは卒業見込みの者又は高等学校を卒業した者と同等程度の知識及び技能があると認められる者
(3)養成科目に関する業務に従事し、又は従事しようとする者
(4)品行方正であって、研究に熱意を有する者

 

 

セラミックスラボ[通常選考](第20期生)

 

1.研修期間 … 1年間

(ただし、市長が特に適当と認めた者は、引き続き1年を上限として延長することができる。)

 

2.定員 … 3人程度

 

3.入所資格

(1)年齢満20歳以上満40歳以下の者
  (1981年4月2日から2002年4月1日までに出生の者)
(2)デザインコースを修了した者又は技術コースを修了した者若しくはこれらの者と同等程度の知識及び技能があると認められる者
(3)養成科目に関する業務に従事し、又は従事しようとする者
(4)品行方正であって、研究に熱意を有する者

*セラミックスラボは通常選考以外に、外国籍の方を対象とした外国人特別選考があります。
*外国人特別選考受験希望者は、外国人特別選考/募集要項を参照して下さい。

 

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

Training Fees

研 修 費

Work by Karugane Akari

 

※実習料/入所料について減額を検討中です。詳細は後日ホームページ等でお知らせいたします。

 

1.実習料 … 314,000円(年額)

 

2.入所料 … 多治見市在住者    62,500円
      市外在住者     125,000円

*一旦納入された実習料及び入所料は返金できません。
*多治見市内在住者は入所時まで継続して1年以上多治見市内に在住している人とします。
*当所のデザインコース又は技術コースを修了した者が引き続きセラミックスラボに入所する 場合は入所料を免除します。

 

3.教材費 … 30,000円程度(実費)

*各自で購入する道具類やテキスト等の費用です。

奨励金・補助金制度について

 

修了生雇用・定住促進奨励金

多治見市内の陶磁器関連企業に正規雇用された修了生と、雇用した事業所に、それぞれ30万円の奨励金を交付します。

 

修了生創作活動支援補助金

多治見市内に住居と創作活動拠点を持ち、創作活動をする修了生に1年間の家賃・工房使用料の一部補助を実施します。

 

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

Work by Sugiyama Akari

Timeline

受 験 方 法 ・ 募 集 日 程

 

デザインコース・技術コース、セラミックスラボ[通常選考]は同一日程で募集します。

 

1.募集期間

一次募集…2021年10月25日(月)〜11月8日(月)
二次募集…2022年2月7日(月)〜2月21日(月)
*一次募集受験者がその年度の二次募集を受験することも可能です。
*上記募集期間以外にも臨時募集を実施する場合があります。

 

2.出願書類

(1)入所願書
*当所所定のもの。現住所欄には受験票を受領できる住所を記入して下さい。
*最終学校長が作成したもので厳封したもの。

(2)成績証明書
*最終学校長が作成したもので厳封したもの。
(3)健康診断書
*当所所定の様式、または同一検査項目を記載する医療機関発行のもので、出願日より3ヶ月以内に発行されたもの。
*一次募集受験者がその年度の二次募集を受験する場合は、上記(2)、(3)、(4)の書類の提出は免除となります。

(4)写真*縦4cm×横3cm、上半身、脱帽、正面、背景無地で出願日より3ヶ月以内に撮影したものを入所願書に貼付。
(5)書類審査提出書類
*セラミックスラボ[通常選考]受験者のみ。内容は下記 5.試験内容の(2)セラミックスラボ[通常選考]、②書類審査の (ア), (イ), (ウ)を参照して下さい。

 

3.出願方法

上記の出願書類と入所考査料(16,000円)を14cm×21cmの現金 書留封筒に同封の上、締切日必着で宛先に郵送して下さい。
[宛先]多治見市陶磁器意匠研究所    人財育成・技術支援グループ
   〒507-0803 岐阜県多治見市美坂町2丁目77番地
*定額小為替や郵便為替類は受け付けません。
*一旦納入された入所考査料は返金できません。

 

4.試験日

一次募集 … 2021年11月14日(日)午前9時開始
二次募集 … 2022年 2月27日(日)午前9時開始
*セラミックスラボ[通常選考]については午後0時30分開始
*入所願書受領後に受験票を郵送します。試験当日に受験票を必ず持参して下さい。

 

5.試験内容

※試験内容について変更を検討中です。詳細は後日ホームページ等でお知らせいたします。

(1)デザインコース・技術コース

①学力試験 … 基礎的な学力を問う筆記試験、時間50分間
*筆記用具を持参すること。
②適性試験 … 描写・企画・構成力を問うデザイン実技試験、時間120分間
*道具類はすべて当所で用意します。
③面接試験 … 時間1人15分程度
*自己の作品集(ポートフォリオ)があれば持参し、面接試験で提示して下さい。

 

(2)セラミックスラボ [通常選考]

①面接試験 … 時間1人15分程度
②書類審査 … 事前提出
(ア)小論文 … 「自身の制作姿勢について」と「陶磁器意匠研究所で取り組む研究テーマ」
*フォントサイズ11pでA4サイズ両面刷り1枚にまとめたもの
(イ)作品写真一覧 *当所所定の様式
(ウ)作品写真5作品(1作品につき3カット)

 

6.合格発表

一次募集 … 2021年11月26日(金)午前9時発表
二次募集 … 2022年 3 月11日(金)午前9時発表
*当所玄関に合格者の受験番号を掲示するとともに、受験者全員に郵送で結果を通知します。
 電話、ファックス、メール等による合否の問い合せには一切お答えできません。

 

7.入所手続き

入所式は4月上旬を予定しています。
入所手続きの方法は考査結果と併せて合格者に通知します。

 

Placeholder image  研究生募集要項(印刷用)

Placeholder image  出願書類