ここから本文です。

更新日:2019年3月1日

用途地域

用途地域とは

地域地区の一種で、市街地における適正な土地利用を図るため、その目標に応じて12種類に分け、建築基準法と連動して、建築物の用途、容積率、構造等に関し一定の制限を加える制度です。都市計画法第9条第1項から第12項に規定されています。
用途地域は、原則として市街化区域に定めます。

多治見都市計画総括図(平成25年3月29日現在)(PDF:4,220KB)

利用条件

  • 本マップで提供する情報は、都市計画等の情報すべてではありません。また、表示される内容を証明するものではありません。表示される内容をよく確認のうえ、ご利用ください。
  • 正確で詳細な情報を必要とする場合は、必ず担当課の窓口で直接ご確認ください。

お知らせ

 

用途地域の種類


※★印の用途地域は、市内で都市計画決定されている地域です。
用途制限一覧(PDF:572KB)

 

住居系用途地域

 

第一種低層住居専用地域(一低) ★

低層住宅のための地域です。小規模なお店や事務所を兼ねた住宅や、小中学校などが建てられます。

第二種低層住居専用地域(ニ低) ★

主に低層住宅のための地域です。小中学校などのほか、150平方メートルまでの一定のお店などが建てられます。

第一種中高層住居専用地域(一中高) ★

中高層住宅のための地域です。病院、大学、500平方メートルまでの一定のお店などが建てられます。

第二種中高層住居専用地域(ニ中高)

主に中高層住宅のための地域です。病院、大学などのほか、1,500平方メートルまでの一定のお店や事務所など必要な利便施設が建てられます。

第一種住居地域(一住) ★

住居の環境を守るための地域です。3,000平方メートルまでの店舗、事務所、ホテルなどは建てられます。

第二種住居地域(二住) ★

主に住居の環境を守るための地域です。店舗、事務所、ホテル、ぱちんこ屋、カラオケボックスなどは建てられます。

準住居地域(準住) ★

道路の沿道において、自動車関連施設などの立地と、これと調和した住居の環境を保護するための地域です。

 

商業系用途地域

 

近隣商業地域(近商) ★

周りの住民が日用品の買物などをするための地域です。住宅や店舗のほかに小規模の工場も建てられます。

商業地域(商業) ★

銀行、映画館、飲食店、百貨店などが集まる地域です。住宅や小規模の工場も建てられます。

 

 

 

工業系用途地域

 

準工業地域(準工) ★

主に軽工業の工場やサービス施設などが立地する地域です。危険性、環境悪化が大きい工場を除き、ほとんど建てられます。

 

工業地域(工業) ★

どんな工場でも建てられる地域です。住宅やお店は建てられますが、学校、病院、ホテルなどは建てられません。

工業専用地域(工専)

工場のための地域です。どんな工場でも建てられますが、住宅、お店、学校、病院、ホテルなどは建てられません。

 

12種類の用途地域イメージ図(PDF:1,435KB)

 

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市政策課都市政策グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1321(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1389・1391・1392・1393

ファクス:0572-25-6436

メール:tosisei@city.tajimi.lg.jp