ホーム > 暮らし > 開発・建築・地籍 > 雨水流出抑制施設設置要綱

ここから本文です。

更新日:2019年4月18日

雨水流出抑制施設設置要綱

要綱の目的

近年、多治見市において、市街地の開発に伴って、保水機能を備わった田畑が減少する中、水路、河川等の負担が大きくなってきております。平成23年9月の豪雨には、平和町・池田町・前畑町・田代町等が浸水被害を受けました。そのため、多治見市では、雨水の流出量に影響がある土地開発事業に対し、新たな基準を設け、雨水流出を抑制することにより、水害を未然に防止し、又は、軽減を図るため要綱を制定しました。

申請が必要な行為

要綱の対象となるものは下記のとおりです。

  • 土岐川流域にて、開発面積が1,000平方メートル以上10,000平方メートル未満の開発行為

申請の対象区域図(PDF:2,472KB)

また、次のような場合は申請が不要です。

  • 開発面積が1,000平方メートル未満の開発行為
  • 開発区域が10,000平方メートル以上の開発行為
  • 開発区域が3,000平方メートル以上で土地開発指導要綱に基づき必要な調整池を設置する開発行為
  • 開発目的が戸建て住宅の建築を目的とする開発行為
  • 都市計画法第12条第1項各号に規定する市街地開発事業の施行として行う開発行為
  • 既に必要な調整池が設置されている区域又は下流河川若しくは水路について必要な改修を行った区域における開発行為で、雨水の流出の増加がないもの など

多治見市雨水抑制施設設置要綱は、多治見市土地開発指導要綱と同様に建築物の建築を目的としない造成行為(例えば太陽光パネル設置、露天駐車場、露天資材置場などを目的としたもの)についても適用されます。

雨水流出抑制施設設置要綱申請のフロー(PDF:181KB)

申請書について

開発事業者は、雨水流出抑制施設を設置しようとするときは、当該雨水流出抑制施設の設置に係る他の法令等の許可申請等を行う際に、雨水流出抑制施設設置計画書を提出してください。

雨水流出抑制施設設置計画書(PDF:123KB)

雨水流出抑制施設の設置を完了したときは、速やかに雨水流出抑制施設設置完了報告書を提出してください。

雨水流出抑制施設設置完了報告書(PDF:114KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

開発指導課開発指導グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1331(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1399

ファクス:0572-25-6436

メール:sidou@city.tajimi.lg.jp