ホーム > 暮らし > 防災・防犯・安全・消防 > 防災 > 災害情報 > 新型コロナウイルス感染症のワクチン接種について > 住所地外で新型コロナウイルスワクチン接種を受けるには

ここから本文です。

更新日:2022年2月7日

住所地外で新型コロナウイルスワクチン接種を受けるには

新型コロナウイルスワクチンは原則、住民票のある市町村(住所地)で受けます。

しかし、国が示すやむを得ない事情がある方は、住所地以外でワクチン接種を受けることができます。住所地外でワクチン接種を受ける場合、「住所地外接種届出済証」の交付を受ける必要があるので申請してください。

やむを得ない事情があり、住民票所在地において接種を受けることができないと考えられる方

市町村への事前の届出をせず医療機関において接種可能な場合

  1. 入院・入所中の方
  2. 基礎疾患を持ち、主治医の下で接種する方
  3. 災害による被害にあった方
  4. 勾留又は留置されている方、受刑者
  5. 住所地外接種者であって、市町村に対して申請を行うことが困難である方

※「災害による被害にあった方」は、避難元自治体が発行する「住所地外接種届出済証」を接種会場へ持参してください。

事前に接種を行う市町村へ届出が必要な場合

※「住所地外接種届」の提出が必要です。

  1. 出産のための里帰りしている妊産婦や単身赴任者
  2. 遠隔地へ下宿している学生
  3. DV、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者など
  4. その他、やむを得ない事情で住民票所在地外に居住しており、住所地での接種がで
    きない方。
  5. その他、市町村長がやむを得ない理由があると認める方。

申請方法

インターネットで申請

厚生労働省WEBサイト「コロナワクチンナビ(外部サイトへリンク)」にアクセスして必要事項を入力し、住所地外接種届出済証を出力してください。

※住所地外接種届出済証の画面をキャプチャまたは印刷して、接種券・予診票・本人確認書類(運転免許証等)とともに接種会場までお持ちください。

郵送または窓口で申請

「住所地外接種届」に必要事項を記入し、「接種券の写し」を添えて保健センターへ郵送または窓口へ提出してください。申請受付後、内容に問題がなければ、「住所地外接種届出済証」を交付します。

  • 「住所地外接種届出済証」は接種券と共に医療機関へ提示し、接種を受けてください。
  • 医療機関で「住所地外接種届出済証」は回収はしません。2・3回目の接種でも同様に提示して接種を受けられます。

住所地外接種届(ワード:37KB)

住所地外接種届(PDF:363KB)



 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保健センター

電話:0572-23-6187(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2375,2376,2377

ファクス:0572-25-8866

メール:hosen@city.tajimi.lg.jp

企画防災課企画調整グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1376(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1411

ファクス:0572-24-0621

メール:kikaku@city.tajimi.lg.jp