ここから本文です。

更新日:2018年9月6日

寡婦(夫)控除のみなし適用について

 多治見市では、平成30年4月から「婚姻歴のないひとり親家庭」が保育所等を利用する際に保育料の利用者負担額を軽減する「寡婦(夫)控除のみなし適用」を行っています。

 下記に該当する方は申請が必要になりますので、子ども支援課までお問い合わせください。

対象となる方

 みなし適用の対象となるのは、現況日(所得を計算する対象となる年の12月31日)及び申請時点において、次の1~3のすべてを満たす方です。

1 . 婚姻したことがなく、現在も婚姻状態にない母または父であり、生計を同じくする20歳未満の子がいる方。

2 . 1の子は、総所得金額等が38万以下で、他の人の控除対象配偶者や扶養家族となっていない方。

3 . 父の場合は、合計所得金額が500万円以下の方。

※婚姻届はなく現に事実上の婚姻と同様の関係にある方、税法上の寡婦(夫)控除を受けている方は対象外になります。

注意事項

・みなし適用を受けても保育料が変わらない場合があります。

・みなし適用を受けても税額そのものは変わりません。

お問い合わせ

子ども支援課保育所・幼稚園グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5947(直通)または0572-22-1111(代表)

ファクス:0572-23-8577

メール:kodomosien@city.tajimi.lg.jp