ホーム > 子育て・教育・文化・スポーツ > 妊娠・出産・子育て > 保育園・幼稚園 > 幼稚園 > 令和2年度の公立幼稚園の入園受付は終わりました

ここから本文です。

更新日:2019年12月2日

令和2年度の公立幼稚園の入園受付は終わりました

令和2年度の公立幼稚園の入園受付は11月1日(金曜日)に終わりました。

11月5日(火曜日)以降に入園の申し込みをされる方へ

11月1日(金曜日)までに申し込みをされた方を第一優先として、入園先を決定していきます。

11月5日(火曜日)以降に入園の申し込みをされる場合は、第一優先の方の入園先が決定した後(11月下旬以降)に、定員に空きのある公立幼稚園に申し込みをすることができます。

定員に空きのある公立幼稚園・学年

第一優先の方の入園先が決定後(11月下旬以降の予定)に、お知らせします。今しばらくお待ちください。

定員に空きがある場合=○、定員に空きがない場合=✕

  年少(3歳児) 年中(4歳児) 年長(5歳児)
養正小学校附属幼稚園
昭和小学校附属幼稚園
明和幼稚園
笠原小学校附属幼稚園
精華小学校附属愛児幼稚園

定員を超えた場合の抽選について

募集人員を超えた申し込みがある場合は、原則抽選で決定します。

11月8日(金曜日)午後2時から、各園で公開抽選を行います。

抽選についての注意事項

抽選についての注意事項

1. 療育手帳(A1~B1)又は、身体障害者手帳(1~3級)を所持しているお子さんは、抽選を免除とします。

2. 令和2年度に進級する兄弟姉妹がいる場合は、抽選を免除とします。

3. 双生児以上は1回のみの抽選とし、当選の場合は全員当選、落選の場合は全員落選とします。

4. 抽選時に補欠順位も決定します。補欠のくじを引かれた方の中で補欠を辞退される方は、その場で申し出てください。

5. 入園者の決定後に欠員が生じた場合は、各園で補欠順位に従って入園を決定します。

6. 補欠順位は、辞退者を除いて年度内有効です。

幼児教育・保育の無償化について

令和元年10月から、幼児教育・保育の無償化が始まりました。

保育所・幼稚園等を利用する3~5歳児と住民税非課税世帯の0~2歳児の保育料が対象です。

詳細については、下記のページをご確認ください。

幼児教育・保育の無償化について

お問い合わせ

子ども支援課保育所・幼稚園グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5947(直通)

内線:2343、2344

ファクス:0572-23-8577

メール:kodomosien@city.tajimi.lg.jp