ここから本文です。

更新日:2019年1月28日

チンゲンサイ

チンゲンサイは、風邪の予防、肌や皮膚を若々しく保つ美肌作用、貧血の予防、便秘を改善、生活習慣病(成人病)の予防など様々な効果が期待できます。

肉団子とチンゲンサイの煮込み

<材料(2人分)>

  • 豚ひき肉・・・・・・・・・150g
  • (A)ねぎ(みじん切り)・・・20g
  • (A)しょうが汁・・・・・・・・・少々
  • (A)しょうゆ・・・小さじ1と2分の1
  • (A)片栗粉・・・・・・小さじ3分の2
  • チンゲンサイ・・・・・・・・240g
  • 人参・・・・・・・・・・・・・・・・30g
  • (B)だし汁・・・・・・・・・・・1カップ
  • (B)塩・・・・・・・・・・・・・・・少々
  • (B)しょうゆ・・・・・・・・小さじ1
  • (B)みりん・・・・・・・・・小さじ2
  • サラダ油・・・・・・・・・・小さじ2

<作り方>

  1. ボウルに豚ひき肉、Aを入れてよく練り混ぜる。
  2. チンゲンサイは茎と葉に切り分け、茎は4cm長さに切り、葉はザク切りにする。にんじんは短冊切りにする。
  3. 鍋に油を熱し、チンゲンサイの茎、人参を入れて炒め、Bを加えて5分ほど煮る。
  4. (1)を一口大の団子に丸めて(3)の鍋に入れ、アクを取りながら10分ほど煮込む。チンゲンサイの葉を加え、軟らかくなるまで3分ほど煮る。

チンゲンサイのお浸し

<材料(4人分)>

  • チンゲンサイ・・・・・・・120g
  • 生しいたけ・・・・・・・・・2枚
  • (C)だし汁・・・・・・・小さじ2
  • (C)しょうゆ・・小さじ1と3分の1

<作り方>

  1. チンゲンサイはゆでて水に取り、水気を絞って3cm長さに切る。茎は縦2~3つに切る。
  2. しいたけは石づきを取り、焼き網で焼いて細く切る。
  3. Cを合わせ、(1)、(2)と和える。

 

 

 

お問い合わせ

保健センター健康づくりグループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5960(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2364

ファクス:0572-25-8866

メール:hosen@city.tajimi.lg.jp