ホーム > 医療・福祉 > 健康 > 健康推進対策 > 市民が取り組む健康目標

ここから本文です。

更新日:2019年1月28日

市民が取り組む健康目標

いきいきと生活するために『健康チャレンジ目標』と『こころいきいき生活宣言』

ライフステージ別市民が取り組むこと

健康でいきいきと生活するためにかかげた「市民の行動目標」です。

健康チャレンジ目標の3本柱は「食生活」「運動」「喫煙」です。
それぞれにライフステージ別の目標が設けてあります。

 

時期

乳幼児期
0~5歳

学童期
6~12歳

思春期
13~19歳

青年期
20~34歳

壮年期
35~54歳

初老期
55~64歳

高齢期
65歳~

食生活

毎食野菜を食べる

うす味を覚える

毎食野菜を食べる

朝食を食べる

毎食野菜を食べる

朝食を食べる

毎食野菜を食べる

~1日350g以上とる~

朝食を食べる

毎食野菜を食べる

~1日350g以上とる~

毎食野菜を食べる

~1日350g以上とる~

毎食野菜を食べる

~1日350g以上とる~

運動

親子で
からだを
使って遊ぶ

家族や友達と
からだを
使って遊ぶ

運動する
習慣を
つける

積極的に
運動する
~週3回、
1回30分以上
を目指す~

今より15分
以上歩く
~1日1万歩
を目指す~

今より15分
以上歩く
~1日1万歩
を目指す~

今より15分
以上歩く

喫煙

たばこの煙
から身を守る
~家庭内での
分煙を徹底する~

たばこの害
を知る

たばこの
誘惑に
負けない

禁煙に
チャレンジ
する

禁煙に
チャレンジ
する

たばこの害
について
若い世代に
伝える

たばこの害
について
若い世代に
伝える

 

 

3つの優先課題「食生活」「運動」「喫煙」の選定基準

  1. 健康に関する諸問題に即していること
  2. 市民からの要望が多かったもの
  3. 科学的根拠(下記参照)があるもの
  4. 重要かつ効果が見込まれるもの
  5. 市民に身近で取り組みやすいものであること

科学的根拠とは・・・

食生活

  • がんで死亡する原因の3分の1は「食生活」
  • 楽しく・おいしく・三食しっかり食べることが生活習慣病を防ぐ

運動

  • 運動不足は生活習慣病になりやすい
  • なんといっても気分爽快に!

喫煙

  • 喫煙習慣は肺がんを引き起こすだけではありません。様々な病気の原因です
  • 禁煙に「遅すぎる」はありません。自ら予防できる病気の最大の原因です

 

お問い合わせ

保健センター健康づくりグループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5960(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2363

ファクス:0572-25-8866

メール:hosen@city.tajimi.lg.jp