ホーム > 医療・福祉 > 福祉 > 生活保護 > 平成30年度後発医薬品(ジェネリック医薬品)使用促進計画について

ここから本文です。

更新日:2018年6月7日

平成30年度後発医薬品(ジェネリック医薬品)使用促進計画について

内容

 平成27年4月1日から、生活保護を受けている方に対しては、医師から後発医薬品の使用への変更を不可としていない場合には、原則として後発医薬品(ジェネリック医薬品)を使用していただくことになりました。

 また、後発医薬品の使用割合が一定以下である都道府県、市及び福祉事務所を設置する町村においては、取組を計画的に進めるため、後発医薬品の使用促進が低調である原因の分析や、対応方法の検討を行い、後発医薬品使用促進計画の策定を行うこととしています。

平成30年度後発医薬品使用促進計画(PDF:139KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉課生活援護グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5817(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2223,2224,2225,2226

ファクス:0572-24-1621

メール:fukusi2@city.tajimi.lg.jp