ホーム > 市政情報 > 施策・計画 > たじみ未来ミーティング~高校生意見交換会~を開催しました!

ここから本文です。

更新日:2019年5月23日

たじみ未来ミーティング~高校生意見交換会~を開催しました!

多治見のまちづくりに対する高校生のナマの声を聞くために、『たじみ未来ミーティング』と題した意見交換会を、5月22日(日曜日)にまなびパークで開催しました。市内4校から参加した計24人の高校生が、多治見のまちづくりについて熱い意見を交わしました。

チラシはこちら(PDF:182KB)

たじみ未来ミーティングの流れ

たじみ未来ミーティングの流れ1.:アイディア出し

【STEP1】
4つのグループに分かれて、多治見の「好きなところ・いいところ」「直すところ・改善するところ」を話し合いました。初めのうちは緊張気味でしたが、次第に活発な意見が出るようになりました。

たじみ未来ミーティングの流れ2.:テーマ掘り下げ

【STEP2】
グループでテーマをひとつに絞り、1.現状と課題2.目指すまちの姿3.解決策(アイディア)について掘り下げました。高校生らしい斬新かつ奇抜なアイディアがたくさん出てきました。

たじみ未来ミーティングの流れ3.:発表

【STEP3】
話し合った内容をグループごとにB紙にまとめ、発表しました。小道具を使ったり、漫才風にしたりと、グループごとに工夫して発表していました。

グループ発表の内容

 

Aグループ

Bグループ

Cグループ

Dグループ

テーマ

住みやすいまち

多治見に関心を持ってもらおう

駅から始まるNEO TAJIMI

多治見創造堂

現状と課題

暑い・ゴミが多い

市内外の人の
多治見への興味が薄い

  • 駅は新しくてきれいだけど…
    • 通路が寂しい、遊べる場所が無い
  • 名古屋に電車1本で行けるけど…
    • 駅までのバスが不便

魅力はあるけど宣伝不足

目指すまちの姿

涼しくてきれいなまち

市内外の人がもっと興味を持てるまち

魅力ある駅とそこに集まる公共交通機関

独創的なまち

解決策
(抜粋)

  • 学校活動の一環で打ち水
  • 一家に一風鈴
  • ごみ拾い活動をイベント化
  • うながっぱを使ったPR
  • メディアを使ったPR
  • 魅力ある店舗を駅に入れる
  • バス路線の統廃合
  • ダイヤの見直し
  • うながっぱを利用した宣伝
  • 多治見ブランドの確立

終了後のアンケートでは、参加した24人全員が「このイベントをきっかけに、多治見のまちづくりに興味を持った」と答えてくれました。また、「多治見にはいいところがたくさんある。宣伝不足なだけ。」と感じている高校生が多いことが分かりました。
「これから多治見市がどんな風に変わっていくか楽しみになった。」という感想も寄せられ、彼らの思いに応えるためにも、もっと多治見を元気にしていくことが必要だと実感しました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画防災課企画調整グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1376(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1411・1412・1413

ファクス:0572-24-0621

メール:kikaku@city.tajimi.lg.jp