ホーム > 市政情報 > 広報 > マイタウン・ホットニュース番外編 > 令和元(2019)年6月(マイタウン・ホットニュース番外編)

ここから本文です。

更新日:2019年6月4日

令和元(2019)年6月(マイタウン・ホットニュース番外編)

【子どもたち 多治見の現代陶芸にふれる】

 6月14日(土曜日)、岐阜県現代陶芸美術館(セラミックパークMINO)で土曜学習「わがまち 多治見大好き講座」を開催しました。
 「わがまち多治見の現代陶芸を学ぶ」をテーマに行った今回は、約80人の小・中学生が参加し、3つのグループに分かれて「絵付け体験」、「美術作品鑑賞」、「美術館探検」を順次楽しみながら陶磁器について学習しました。
 転写シートを使った絵付けや個性豊かな美術作品の鑑賞、普段見ることができない美術館の裏側に子どもたちは興味津々でした。

現代陶芸鑑賞絵付け体験

美術館探検1美術館探検2

【水防訓練を開催しました】

6月9日、出水期に備え、土岐川左岸堤防(昭和公園付近)で水防訓練を開催しました。
国土交通省庄内川河川事務所をはじめ、岐阜県防災航空隊、市消防団などと、土岐川付近在住の市民で構成された自主防災隊約400人が参加。
土のう2,000俵を作成し、4種類の水防工法(積み土のう工法、改良積み土のう工法、せき板工法、シート張り工法)の訓練を行いました。
参加者は互いに声を掛け合い、連携をとりながら手際よく訓練に臨んでいました。

水防訓練1水防訓練2水防訓練3水防訓練4

防犯意識を高めましょう~防犯笛寄贈~

6月7日、東濃西部地区防犯協会は,中学1年生を対象に950個の防犯笛を寄贈しました。
近年、子どもに対する声かけや不審者の出没事案が多発しています。
防犯笛は子どもたちが危険を感じた際に、それを周囲の人に知らせるために使います。
代表で受け取っ渡辺教育長は「子どもたちの防犯意識がより一層高まるように、訓練や指導を徹底をしていきたい」と述べました。

防犯笛防犯笛2

たじみの暑さに負けない!熱中症予防レシピNo.2

6月6日、多治見市の栄養士や名古屋グランパス栄養アドバイザー森裕子さんなどで構成する多治見市栄養士連絡協議会のメンバーが、『熱中症予防レシピNo.2』の完成を市長へ報告しました。
レシピ集には、学校給食の人気メニューや、市民公募による熱中症予防レシピ・ゴーヤレシピなど熱中症予防に有効な32のメニューが掲載されています。
市長は「多治見市で熱中症による死亡者が出ていないのは、食で健康を支えているみなさんのおかげです。熱中症予防レシピを普及し、みんなで暑さを乗り切りましょう」と激励しました。
12,000冊作成したレシピ集は、小中学校の保護者や悠光クラブ連合会、保健センター開催事業、公民館などで配布していきます。

熱中症予防レシピをPRするメンバー

多治見市の誇り~瑞宝双光章受章~

6月4日、令和元年度法務大臣表彰瑞宝双光章を受章した多治見保護区保護司会会長の佐藤優美雄さんが市長を表敬訪問しました。
保護司(*)として28年間、また岐阜県少年警察ボランティアとしても20年間活動してきたことが評価され、今回の受章につながりました。
市長から祝福の言葉を掛けられた佐藤さんは「信頼できる大人であるよう、いつも心掛けてきました。これからは後継者の育成に力を注いでいきたいです」と笑顔で応えました。
*罪を犯して保護観察を受けることになった人の生活を見守ることが主な役割。それ以外には、薬物乱用防止出前講座や社会を明るくする運動などの活動も行う

佐藤さんが市長へ報告する様子

「広報たじみ」が郵便局やコンビニ、スーパー、医療機関、銀行等の金融機関でもお持ち帰りいただけます

お問い合わせ

秘書広報課秘書広報グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1372(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1401・1402・1471・1472

ファクス:0572-24-3679

メール:hisyokoho@city.tajimi.lg.jp