ホーム > 市政情報 > 広聴 > 意見募集(パブリック・コメント) > 多治見市地域あいのりタクシー運行支援補助金交付要綱の改正について

ここから本文です。

更新日:2019年11月8日

多治見市地域あいのりタクシー運行支援補助金交付要綱の改正について

意見募集(パブリックコメント)は終了しました。

意見はありませんでした。ありがとうございました。

案件名

多治見市地域あいのりタクシー運行支援補助金交付要綱の改正について

募集期間

令和元年10月7日(月曜日)~令和元年11月7日(木曜日)

提出・問い合わせ

〒507-8703多治見市日ノ出町2丁目15番地
電話:0572-22-1321(直通)、または0572-22-1111(代表)内線1392
ファクス:0572-25-6436
メール:tosisei@city.tajimi.lg.jp
担当:多治見市役所都市計画部都市政策課都市政策グループ宮本

 

概要

趣旨

多治見市地域あいのりタクシー運行支援補助金について平成29年4月から制度を開始したところです。令和元年9月末現在、市内11自治会を補助金の指定団体としています。他の自治会への制度導入を促すため、(1)利用者負担額の割勘制導入、(2)団体への補助率を10分の5から10分の6に拡大する(ただし割勘制を導入しない団体は、補助率を据え置くこととする)について要綱改正を行います。

改正後の多治見市あいのりタクシー運行支援補助制度の概要

補助対象者:地域住民が主体となって「地域あいのりタクシー」を運営する組織(区、町内会)

対象経費:タクシーの実額運賃と利用者負担額の差額部分

補助率:

1.要件7で1人一乗車300円以上の利用者負担を選択した場合

差額部分の10分の5(上限40万円)

2.要件7で一運行600円以上の利用者負担(割勘制)を選択した場合

差額部分の10分の6(上限40万円)

要件:

1.運営組織による貸切運送契約

2.あいのり利用を前提

3.町内会以上の地域規模

4.隣接する小学校区までの運行又は一運航の補助上限制の選択制

5.隣接する小学校区までの運行の場合、市内の公立病院(多治見市民病院、岐阜県立多治見病院)、市庁舎(本庁舎、駅北庁舎)、総合福祉センター、市内鉄道駅は隣接小学校区に関係なく対象とする

6.事前登録制

7.一乗車300円以上の利用者負担又は一運行600円以上の利用者負担(一運行当たりの利用者負担を乗車人数によって割勘とする)

8.他の補助を受けていないこと

9.障がい者の利用の場合、一乗車につきスタンプを1個押印し、10個たまったカードと引き換えに運行主体が設定する利用者負担額を1回無料とする。無料となった利用者負担額は、年度末に市の補助金に上乗せして交付する

募集方法

  • 窓口への書面の提出
  • 郵便
  • ファクシミリ
  • 電子メール

表題を「あいのりタクシー補助金要綱(都市政策課)」としてください

電話、口頭による意見の提出は、ご遠慮ください

 

【参考様式】

ご意見記入参考様式(ワード:37KB)

ご意見記入参考様式(PDF:59KB)

 

意見の取り扱い

お寄せいただいたご意見は、整理したうえで公表いたします。ただし、個々のご意見には直接回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。また、情報公開請求があった際、個人が特定できる部分を除き、公開の対象となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

都市政策課都市政策グループ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地

電話:0572-22-1321(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:1392

ファクス:0572-25-6436

メール:tosisei@city.tajimi.lg.jp