ここから本文です。

更新日:2018年3月26日

 

多治見市いじめ防止基本方針の改定について

皆さまの意見を募集(パブリック・コメント)します。

意見募集(パブリック・コメント)は終了しました。

ご意見はありませんでした。ありがとうございました。

案件名

多治見市いじめ防止基本方針の改定について

募集期間

平成30年2月19日(月曜日)~平成30年3月21日(水曜日)

提出・問い合わせ

〒507-8703 多治見市日ノ出町2丁目15番地
電話:0572-22-1111 内線2333
ファクス:0572-23-5862
メール:kyo-soudan@city.tajimi.lg.jp
担当:多治見市役所教育委員会事務局教育相談室 加藤

概要

趣旨、背景、目的、効果など

昨年、国及び県のいじめ防止基本方針が改定されたのを受け、本市のいじめ基本方針の所要部分を改定するものです。

「基本方針」の主な改定点

(1)国の基本方針改定に伴う修正

ア いじめの認知について、国方針の「けんかを除く」という記述の削除を受け、けんかやふざけ合いであっても、いじめに該当するか否かを調査・判断することとする。

イ いじめの解消について、国方針がいじめ解消の定義を設けたことを受け「行為が止んでいる期間」「被害者の思い」の2つの要件が満たされていることを規定する。

(2)県の基本方針改定に伴う修正

ア 県方針で、いじめ防止のキーワードとして、「自己有用感」「自己肯定感」を育むことを明記したことを受け、本市方針にも記載する。

イ 調査資料の保管について、県方針が資料の保管ルールを明示したことを受け、原本等の一次資料は児童生徒が卒業するまで、結果を記録した二次資料は5年の保存期間とする。

(3)その他

ア 「子ども権利委員会」の役割について、記述がわかりにくかったことから、「基本方針」の策定は、教育委員会が中心となって行うよう役割を整理。

本改定に伴い、「多治見市いじめ重大事態発生時の流れ」についても改定を行います。

資料

募集方法

  • 窓口への書面の提出
  • 郵便
  • ファクシミリ
  • 電子メール

【参考様式】

ご意見記入参考様式(PDF:48KB) ご意見記入参考様式(ワード:37KB)

意見の取り扱い

お寄せいただいたご意見は、整理したうえで公表いたします。ただし、個々のご意見には直接回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。また、情報公開請求があった際、個人が特定できる部分を除き、公開の対象となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

教育相談室 

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5942(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2333

ファクス:0572-23-5921

メール:kyo-soudan@city.tajimi.lg.jp