ホーム > 市政情報 > 広聴 > 意見募集(パブリック・コメント) > 国保特定健診若年層の受診率向上のための節目健診無料化について

ここから本文です。

更新日:2018年11月13日

国保特定健診若年層の受診率向上のための節目健診無料化について

意見募集(パブリックコメント)は終了しました。

意見はありませんでした。ありがとうございました。

案件名

国保特定健診若年層の受診率向上のための節目健診無料化について

募集期間 平成30年10月10日(水曜日)~平成30年11月9日(金曜日)
提出・問い合わせ

〒507-8787多治見市音羽町1丁目233番地
電話:0572-22-1111内線2172
ファクス:0572-25-7286
メール:nenkin@city.tajimi.lg.jp
担当:多治見市役所市民健康部保険年金課(給付グループ)

概要

平成31年4月から、若年層の受診率向上と生活習慣病の早期発見のため、国民健康保険被保険者に対する特定健診において、節目健診として自己負担額1,000円を満40歳と満50歳に限り無料とします。

趣旨、背景、目的、効果など

特定健診は、生活習慣病予防を目的に平成20年度から開始され、国は平成36年度までに受診率60%を目標と設定しました。保険年金課では、受診案内はがきの送付・電話での受診案内等、様々な方法で受診勧奨を行い受診率向上に努めてきましたが、平成29年度の特定健診受診率は42.9%(暫定値)と国の目標値との乖離がみられる現状であり、年代別受診率では若年層の受診率が低い傾向にあります。

(40歳代21.7%、50歳代29.8%、60歳代45.4%、70歳代49.7%)

そこで今回、特定健診の対象となる初年度の満40歳と身体の不調が気になり出す50歳代の初年度、満50歳を節目健診として自己負担額1,000円を無料化とし、若年層の受診率を図るとともに特定健診の継続受診の意識づけを目的とします。

この事業は概ね3年間の実施を予定しています。平成34年度に受診率等の検証を行ない、平成35年度以降の実施について検討します。

上記変更対応のため、多治見市特定健診等受診料等の額に関する規則の一部改正を行います。

根拠法令、条例など

  • 高齢者の医療の確保に関する法律
  • 多治見市特定健診等受診料等の額に関する規則

募集方法

  • 窓口への書面の提出
  • 郵便
  • ファクシミリ
  • 電子メール

表題を「国保特定健診若年層の受診率向上のための節目健診無料化について(保険年金課)」としてください。電話、口頭による意見の提出は、ご遠慮ください。

【参考様式】

ご意見記入参考様式(PDF:48KB)

ご意見記入参考様式(ワード:37KB)

意見の取り扱い

お寄せいただいたご意見は、整理したうえで公表いたします。ただし、個々のご意見には直接回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。また、情報公開請求があった際、個人が特定できる部分を除き、公開の対象となります。

 




Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保険年金課給付グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5762(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2172

ファクス:0572-25-7286

メール:nenkin@city.tajimi.lg.jp