ホーム > 市政情報 > 広聴 > 意見募集(パブリック・コメント) > 「母子家庭等の母及び児童」及び「父子家庭の父及び児童」の福祉医療費受給者証の有効期間の変更について

ここから本文です。

更新日:2018年10月29日

「母子家庭等の母及び児童」及び「父子家庭の父及び児童」の福祉医療費受給者証の有効期間の変更について

意見はありませんでした。ありがとうございました。

皆さまの意見を募集(パブリック・コメント)します。

案件名

「母子家庭等の母及び児童」及び「父子家庭の父及び児童」の福祉医療費受給者証の有効期間の変更について

募集期間

平成30年9月26日(水曜日)~平成30年10月26日(金曜日)

提出・問い合わせ

〒507-8787多治見市音羽町1丁目233番地
電話:0572-23-5732(直通)または0572-22-1111内線2142
ファクス:0572-25-7286
メール:nenkin@city.tajimi.lg.jp
担当:多治見市役所市民健康部保険年金課医療手当グループ

概要

概要

平成31年度から「母子家庭等の母及び児童」及び「父子家庭の父及び児童」の福祉医療費受給者証の有効期間を変更します。

内容説明

平成31年度から「母子家庭等の母及び児童」及び「父子家庭の父及び児童」の福祉医療費受給者証(以下「受給者証」とします。)の有効期間を「有効期間開始日(更新時は10月1日)から最初に到来する9月30日まで」を「有効期間開始日(更新時は11月1日)から最初に到来する10月31日まで」に変更します。

変更する理由は、「母子家庭等の母及び児童」及び「父子家庭の父及び児童」の福祉医療費助成事業の補助金交付元である岐阜県が受給者証の有効期限を10月31日までとする方針決定をしたためです。

方針決定の背景には児童扶養手当法が改正(平成30年10月1日施行)され、平成31年度から1年間(所得制限の適用期間)が「8月1日から翌年の7月31日まで」から「11月1日から翌年の10月31日まで」に変更されたことにあります。

「母子家庭等の母及び児童」及び「父子家庭の父及び児童」の受給者証更新時に、認定の根拠としていた児童扶養手当の認定日よりも受給者証認定日(有効期間開始日)が先になってしまうことから、有効期間を児童扶養手当の1年間と合わせることになりました。

なお、有効期限が平成31年9月30日までの福祉医療費受給者証をお持ちの方には、平成31年度上期中に平成31年10月31日まで有効な受給者証を別途交付いたします。

上記変更対応のため、多治見市福祉医療費の助成に関する条例の一部改正を行います。

根拠法令、条例など

  • 多治見市福祉医療費の助成に関する条例

募集方法

  • 窓口への書面の提出
  • 郵便
  • ファクシミリ
  • 電子メール

表題を「福祉医療費受給者証の有効期間変更について(保険年金課)」としてください

電話、口頭による意見の提出は、ご遠慮ください

 

【参考様式】

ご意見記入参考様式(PDF:48KB)

ご意見記入参考様式(ワード:37KB)

意見の取り扱い

お寄せいただいたご意見は、整理したうえで公表いたします。ただし、個々のご意見には直接回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。また、情報公開請求があった際、個人が特定できる部分を除き、公開の対象となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

保険年金課医療手当グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5732(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2142

ファクス:0572-25-7286

メール:nenkin@city.tajimi.lg.jp