ホーム > 市政情報 > 広聴 > 意見募集(パブリック・コメント) > 平成29年度パブリック・コメント終了一覧 > 多治見市生活支援体制整備事業実施要綱の制定と多治見市生活支援等サービスに係る協議体設置準備委員会設置要綱の廃止についての意見募集結果

ここから本文です。

更新日:2018年3月8日

多治見市生活支援体制整備事業実施要綱の制定と多治見市生活支援等サービスに係る協議体設置準備委員会設置要綱の廃止についての意見募集結果

多治見市生活支援体制整備事業実施要綱の制定と多治見市生活支援等サービスに係る協議体設置準備委員会設置要綱の廃止についての意見募集(パブリックコメント)は終了しました。

ご意見はありませんでした。ありがとうございました。

皆さまの意見を募集(パブリック・コメント)します。

案件名

多治見市生活支援体制整備事業実施要綱の制定と多治見市生活支援等サービスに係る協議体設置準備委員会設置要綱の廃止について

募集期間

平成30年2月6日(火曜日)~平成30年3月8日(木曜日)

提出・問い合わせ

〒507-8787多治見市音羽町1丁目71番地の1
電話:0572-22-1111内線2233
ファクス:0572-25-6434
メール:koureifukusi@city.tajimi.lg.jp
担当:多治見市役所福祉部高齢福祉課高齢者支援グループ

概要

趣旨・目的

介護保険法第115条の45第2項第5号に規定される生活支援体制整備事業を実施するにあたり、実施要綱を整備するとともに、これまで当該事業の準備事業として整備した生活支援等サービスに係る協議体設置準備委員会設置要綱を廃止するものです。

生活支援体制整備事業とは、地域における高齢者のニーズ及び地域資源の状況を的確に把握して、高齢者のニーズに応じた適切な支援の提供体制を整備するもので、高齢者の生活支援・介護予防サービスを担う事業主体(介護保険事業者、一般企業、NPO法人やボランティア団体など)と連携しながら、多様な日常生活上の支援体制の充実・強化をし、高齢者の社会参加の促進を一体的に図ることを目的としています。

事業の実施内容

1.生活支援コーディネーターの配置:事業主体による多様な取り組みのコーディネートをし、主に次に掲げる業務を担います。

  • 地域に不足する資源の開発、サービスの担い手の養成に関すること
  • サービス提供主体間のネットワーク構築に関すること
  • サービスを必要とする方と地域の取組とのマッチングに関すること

2.協議体の設置及び運営:生活支援等サービスの多様な提供主体等が参画する会議体を設置し、主に次に掲げる項目について話し合います。

  • 生活支援コーディネーターの活動の支援に関すること
  • 地域ニーズ、既存の地域資源の把握及び情報の見える化の推進に関すること
  • 地域づくりの意識の統一に関すること

募集方法

  • 窓口への書面の提出
  • 郵便
  • ファクシミリ
  • 電子メール

 

【参考様式】

ご意見記入参考様式(PDF:48KB)ご意見記入参考様式(ワード:37KB)

意見の取り扱い

お寄せいただいたご意見は、整理したうえで公表いたします。ただし、個々のご意見には直接回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。また、情報公開請求があった際、個人が特定できる部分を除き、公開の対象となります。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

高齢福祉課高齢者支援グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5821(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2233

ファクス:0572-25-6434

メール:koureifukusi@city.tajimi.lg.jp