ホーム > 市政情報 > 広聴 > 意見募集(パブリック・コメント) > 令和元年度パブリック・コメント終了一覧 > 多治見市認知症高齢者等見守りシール交付事業について

ここから本文です。

更新日:2020年2月14日

多治見市認知症高齢者等見守りシール交付事業について

ご意見はありませんでした。ありがとうございました。

皆さまの意見を募集(パブリック・コメント)します。

案件名

多治見市認知症高齢者等見守りシール交付事業について

募集期間

令和2(2020)年2月14日(金曜日)~令和2(2020)年3月15日(日曜日)

提出・問い合わせ

〒507-8787多治見市音羽町1丁目233番地
電話:0572-23-5821(直通)
ファクス:0572-25-6434
メール:koureifukusi@city.tajimi.lg.jp
担当:多治見市役所福祉部高齢福祉課高齢者支援グループ

事業の内容

認知症などにより行方不明になる可能性のある市内在住の高齢者などに、QRコード付きの見守りシールを交付します。

事業の対象者

市内に住所を有し、認知症などにより行方不明になる可能性の高い人のうち希望する人

行方不明になる可能性の高い人の判断は、エピソードにより、認知症地域支援推進員が判断します。

事業の概要

見守りシールには、QRコードが付いていて、読み取ると伝言板が表示され、現在位置情報を入力すると家族にメールが送信され、双方で個人情報を明かさず、警察等介することなく対象の高齢者等を迎えに行くことができる。

(1)家族・親族等による申請・登録(QRコードが読み取れる携帯電話が必要)

(2)2種類のラベル・シールを交付(耐洗ラベル30枚・蓄光シール10枚)

(3)家族等がラベル・シールを服や杖、靴等に貼付

(4)「対象者」が行方不明になった場合

発見者が見守りシールのQRコードを読み取ると、伝言板が表示され対応方法等が案内される。

家族等(市を除く、事前登録の最大3名)は、QRコードの読み取りがあったことを確認できる。

発見者が伝言板に現在の位置情報等を入力すると、家族等が、伝言板の情報を確認することができる。

利用者がラベル・シールの交付料として、500円負担。

募集方法

  • 高齢福祉課窓口への書面の提出
  • 郵便
  • ファクシミリ
  • 電子メール

【参考様式】

ご意見記入参考様式(PDF:48KB)

ご意見記入参考様式(ワード:37KB)

意見の取り扱い

お寄せいただいたご意見は、整理したうえで公表いたします。ただし、個々のご意見には直接回答はいたしませんので、あらかじめご了承ください。また、情報公開請求があった際、個人が特定できる部分を除き、公開の対象となります。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

高齢福祉課高齢者支援グループ

〒507-8787 音羽町1丁目233番地

電話:0572-23-5821(直通)または0572-22-1111(代表)

内線:2235

ファクス:0572-25-6434

メール:koureifukusi@city.tajimi.lg.jp